第293回:スロットマシーンと健康診断!?
アウトストラーダの風景2013

2013.04.26 エッセイ

第3車線の住人

イタリアの高速道路「アウトストラーダ」の、各車線の“住人”たちは、時代とともに変わる。アウトストラーダの制限速度は時速130kmである。この130kmという設定、クルマにとっては微妙な速度だ。なぜかというと、車齢が如実にわかるからである。

最新のクルマは、130km巡航を楽々とこなす。そのため、追い越し用である第3車線にたびたび姿を現す。しかし、いくら高性能・高級モデルであっても、経年劣化したクルマたちは、第2車線、第1車線と、無理のないレーンに居場所を変えていく。

例えば、5年ほど前まで第3車線で他車を蹴散らしながら走っていた「アルファ・ロメオ147」や「156」の多くは最近第2車線を走っているようになった。「アルファ164」などに至っては、もはや最も右側の第1車線を時速100km前後で走っていたりする。現在、第3車線は、ドイツ系ブランドとボルボによって独占されているといってよい。

先日「太陽の道」ことアウトストラーダ・デル・ソーレで、そうした彼らと互角に走る、見慣れぬクルマがあったので、「な、なんだ?」と思えば新型「ランチア・テーマ」、つまり「クライスラー300」の姉妹車であった。

イタリアでは、アウトストラーダに乗るまでが大変。複雑かつ、古くて見にくい案内標識に悩まされることもしばしば。ミラノにて。
なかなか見ないと思っていたら、ようやく「太陽の道」で目撃した新型「ランチア・テーマ」。参考までに2013年2月の欧州での販売台数は339台。
「太陽の道」西セッキアSAの駐車場にて。太陽光パネルは、庇(ひさし)も兼ねている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。