「BMW Z4」に新たなデザインパッケージが登場

2013.04.24 自動車ニュース
オプションパッケージの「デザイン・ピュア・トラクション」を採用した「BMW Z4」。
オプションパッケージの「デザイン・ピュア・トラクション」を採用した「BMW Z4」。

「BMW Z4」が一部改良、新たなデザインパッケージが登場

BMWジャパンは2013年4月24日、2シーターオープンの「BMW Z4」に一部改良を施し、販売を開始した。

今回の改良では、LEDのスモールライトリングを使った新デザインのヘッドライトや、LEDウインカーを内蔵したクロムのサイドフィニッシャーなどにより、外観の一部を変更。インテリアも、コントロールディスプレイの周囲やエアコン吹き出し口のフレームに、新たにハイグロスブラック仕上げを採用した。

装備の設定も見直され、エントリーグレードの「sDrive20i」にもウインドディフレクターやオートエアコン、ハンズフリーフォン機能、音声コントロール機能などが標準装備となった。

また、新たなオプションパッケージとして「デザイン・ピュア・トラクション」を追加設定。これはオレンジとブラックのコントラストが特徴的なデザインパッケージで、アルカンターラとレザーのコンビシートには、黒を基調にオレンジのステッチとハイライトを取り入れている。
また、「メタル・ウィーヴ・インテリア・トリム」を採用したインストゥルメントパネルの下部や、アルカンターラ仕上げのドアトリム・インサートにもオレンジを配色。一方、ドアやセンターコンソールのトリムはハイグロスブラック仕上げとなっている。

ボディーカラーは、デザイン・ピュア・トラクションの専用色である「ヴァレンシア・オレンジ」を含む全6色で、オレンジを選択した場合は、ルーフにブラックの「BMW Individualコントラスト・ハードトップ・カラー」を組み合わせることができる。

ラインナップと価格は以下の通り。
・Z4 sDrive20i:499万円
・Z4 sDrive20i ハイライン:540万円
・Z4 sDrive20i Mスポーツ:575万円
・Z4 sDrive35i:699万円
・Z4 sDrive35i Mスポーツ:740万円
・Z4 sDrive35is:819万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Z4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る