「BMW Z4」に新たなデザインパッケージが登場

2013.04.24 自動車ニュース
オプションパッケージの「デザイン・ピュア・トラクション」を採用した「BMW Z4」。
オプションパッケージの「デザイン・ピュア・トラクション」を採用した「BMW Z4」。

「BMW Z4」が一部改良、新たなデザインパッケージが登場

BMWジャパンは2013年4月24日、2シーターオープンの「BMW Z4」に一部改良を施し、販売を開始した。

今回の改良では、LEDのスモールライトリングを使った新デザインのヘッドライトや、LEDウインカーを内蔵したクロムのサイドフィニッシャーなどにより、外観の一部を変更。インテリアも、コントロールディスプレイの周囲やエアコン吹き出し口のフレームに、新たにハイグロスブラック仕上げを採用した。

装備の設定も見直され、エントリーグレードの「sDrive20i」にもウインドディフレクターやオートエアコン、ハンズフリーフォン機能、音声コントロール機能などが標準装備となった。

また、新たなオプションパッケージとして「デザイン・ピュア・トラクション」を追加設定。これはオレンジとブラックのコントラストが特徴的なデザインパッケージで、アルカンターラとレザーのコンビシートには、黒を基調にオレンジのステッチとハイライトを取り入れている。
また、「メタル・ウィーヴ・インテリア・トリム」を採用したインストゥルメントパネルの下部や、アルカンターラ仕上げのドアトリム・インサートにもオレンジを配色。一方、ドアやセンターコンソールのトリムはハイグロスブラック仕上げとなっている。

ボディーカラーは、デザイン・ピュア・トラクションの専用色である「ヴァレンシア・オレンジ」を含む全6色で、オレンジを選択した場合は、ルーフにブラックの「BMW Individualコントラスト・ハードトップ・カラー」を組み合わせることができる。

ラインナップと価格は以下の通り。
・Z4 sDrive20i:499万円
・Z4 sDrive20i ハイライン:540万円
・Z4 sDrive20i Mスポーツ:575万円
・Z4 sDrive35i:699万円
・Z4 sDrive35i Mスポーツ:740万円
・Z4 sDrive35is:819万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Z4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る