第5回:寒いのは苦手(その3)

2012.03.28 エッセイ

第5回:寒いのは苦手(その3)

難しい質問

“あなた”を降ろし、走りだしてすぐに乗せた次の客は「神楽坂まで」だった。黒いリーフタクシーは、運転手の皮算用どおり急速充電施設のある千代田区役所にどんどん近づいていく。

客が降りたのは神楽坂下で料金は1610円。ここまで4回の営業で水揚げ(売上げ)の合計は8150円、しかも2時間ほどでのことだからペースとしては悪くない。問題はバッテリー残量だった。

出庫してから走った距離は40kmとちょっと。それなのに、もうバッテリー残量を示す目盛りは3個しか残っていないのだ。フル充電で目盛りは12個、24kWhで走りだし、たった40km走っただけなのに18kWh使ってしまったことになる。千代田区役所の地下駐車場に直行である。

この充電施設で、と言うか、どこの充電施設でも他の電気自動車タクシーと鉢合わせしたことはない。何しろ都内に19台だ、自家用のリーフとは2回だけ接近遭遇したが、いまのところ「先着車が使用中」だったことは一度もなくて、充電作業はいつだってスムース。充電器を差し込んだら、あとは30分、区役所のソファーに座り読書で時間をつぶしていればいい。

「電気自動車って1回の充電で何kmくらい走れるんですか?」

JR飯田橋駅のタクシー乗り場で付け待ちすること20分。乗ってきたのは30代と思(おぼ)しき男性で、目的地を「鬼子母神まで」と告げてから彼の電気自動車に関する質問責めが始まった。

「だって電気自動車のこと気になるじゃないですか」
「ガソリン車ふうに言えば、要するに燃費ですよね、それ、すごく気になりますよ」

もっともな質問だとは思うけれど、答えるのは実に難しい質問でもある。

千代田区役所の地下駐車場にある急速充電スペース。こちらは誰でも無料で利用できる。
千代田区役所の地下駐車場にある急速充電スペース。こちらは誰でも無料で利用できる。
充電は簡単。急速充電器にある充電コネクターをリーフの急速充電ポートに挿し、充電開始ボタンを押すだけ。残量にもよるが約30分で80%まで充電ができる。
充電は簡単。急速充電器にある充電コネクターをリーフの急速充電ポートに挿し、充電開始ボタンを押すだけ。残量にもよるが約30分で80%まで充電ができる。

第5回:寒いのは苦手(その3)の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。