BMWとトヨタ、バッテリー共同研究契約を締結

2012.03.27 自動車ニュース

BMWとトヨタ、次世代リチウムバッテリーの共同研究で正式契約を締結

BMWグループとトヨタ自動車は2012年3月27日、2011年12月に発表した次世代リチウムイオンバッテリー技術に関する共同研究について、正式契約を締結し、研究を開始したと発表した。

BMWグループとトヨタ自動車は2011年12月に、次世代環境車・環境技術における中長期的な協力関係を構築し、次世代リチウムイオンバッテリーを共同で研究することや、2014年以降にBMWグループからトヨタ・モーター・ヨーロッパに1.6および2リッターのディーゼルエンジンを供給することなどを発表した。

今回はこの2社により、次世代リチウムイオンバッテリー技術に関する共同研究についての正式契約が締結され、研究がスタートしたことが発表された。

同研究では、次世代リチウムイオンバッテリーの性能を向上させるために、正極、負極、電解液の材料の研究などを行っていくという。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。