第24回:寡黙な“運転手” が夜を走る――気鋭の放つ鮮烈な映像美!
『ドライヴ』

2012.03.27 エッセイ

第24回:寡黙な“運転手” が夜を走る――気鋭の放つ鮮烈な映像美!『ドライヴ』

強盗をクルマで運ぶ“逃がし屋”

主人公は天才的な運転テクニックを持つ男。タイトルからして、ストレートに『ドライヴ』である。全編激しいカーチェイスが展開するアクション・エンターテインメント・ムービー……と思ってしまうが、全然違う種類の映画だ。もちろんクルマはたくさん出てくるし、カーチェイスもある。でも、恐ろしいほどの静けさをたたえている。

主人公には名前がない。単に“ドライバー”と呼ばれている。クルマの修理工場で働き、映画のカースタントもこなす。もうひとつの顔は、“逃がし屋”だ。強盗から依頼を受け、逃走だけを請け負う。
演じるのはライアン・ゴズリングだ。『ラースと、その彼女』ではダッチワイフに恋する童貞青年、『ブルー・バレンタイン』では結婚相手に愛想をつかされるダメ男役だったが、同じ人とは思えない変貌ぶりである。『ラブ・アゲイン』でも夜な夜な美女をあさるモテ男役で、見事な腹筋を披露してエマ・ストーンに「それ、CG?」なんて言われていた。役によって体つきまで変えてしまうカメレオン系俳優なのだ。顔のパーツが真ん中に寄っていて、いい男なんだかどうだか微妙なルックスではある。

カーチェイスシーンは、一応3回出てくる。映画の最初に強盗を逃がすために警察をまく場面が出てくるが、カーチェイスという言葉から想像されるものとはずいぶん趣が違う。スキール音をたててコーナーを抜けることもなく、基本的には普通の運転なのだ。クラッシュもない。舞台となっているロサンゼルスの道を知り尽くしている“ドライバー”は、警察の動向を探りながらパズルを解くように道を選んで姿をくらます。のんきにカーラジオを聞いているのだが、それも逃走経路を見つけるための布石であったことが後でわかる。

(C)2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.
(C)2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

第24回:寡黙な“運転手” が夜を走る――気鋭の放つ鮮烈な映像美! − 『ドライヴ』の画像
第24回:寡黙な“運転手” が夜を走る――気鋭の放つ鮮烈な映像美! − 『ドライヴ』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。