BMWアクティブハイブリッド5の受注始まる

2012.03.23 自動車ニュース

「BMWアクティブハイブリッド5」の受注始まる

BMWジャパンは2012年3月22日、「BMW 5シリーズセダン」をベースとしたハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド5」の受注を開始した。

「BMWアクティブハイブリッド5」は、BMW初となる「直列6気筒エンジンにモーターを組み合わせた」ハイブリッドモデル。2011年の東京モーターショーで世界初公開された。
それから約4カ月、いよいよ受注がスタートし、2012年4月にはデリバリーが開始される運びとなった。

クルマとしての概要をおさらいすると、「アクティブハイブリッド5」は、BMWのミドルクラスセダン「5シリーズセダン」がベース。306psの直6エンジンと55psの電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、340psの総出力(最大トルクは45.9kgm)を発生する。
トランスミッションは8段ATが組み合わされ、後輪を駆動。モーターのみを使ったEV走行も、最高60km/hまでの速度域で行うことができる。

燃費値は、10.15モードが14.6km/リッター(12.8km/リッター)で、JC08モードで13.6km/リッター(13.0km/リッター ※カッコ内は3リッター直6ガソリンエンジン搭載モデル「535i」の値)。

ハンドル位置は右のみが用意され、価格は「535i」の10万円高となる850万円。自動車取得税と重量税の100%減免(エコカー減税)や、エコカー補助金といった税制上の優遇も受けられる。

(webCG 関)

「BMWアクティブハイブリッド5」
「BMWアクティブハイブリッド5」
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る