BMWアクティブハイブリッド5の受注始まる

2012.03.23 自動車ニュース

「BMWアクティブハイブリッド5」の受注始まる

BMWジャパンは2012年3月22日、「BMW 5シリーズセダン」をベースとしたハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド5」の受注を開始した。

「BMWアクティブハイブリッド5」は、BMW初となる「直列6気筒エンジンにモーターを組み合わせた」ハイブリッドモデル。2011年の東京モーターショーで世界初公開された。
それから約4カ月、いよいよ受注がスタートし、2012年4月にはデリバリーが開始される運びとなった。

クルマとしての概要をおさらいすると、「アクティブハイブリッド5」は、BMWのミドルクラスセダン「5シリーズセダン」がベース。306psの直6エンジンと55psの電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、340psの総出力(最大トルクは45.9kgm)を発生する。
トランスミッションは8段ATが組み合わされ、後輪を駆動。モーターのみを使ったEV走行も、最高60km/hまでの速度域で行うことができる。

燃費値は、10.15モードが14.6km/リッター(12.8km/リッター)で、JC08モードで13.6km/リッター(13.0km/リッター ※カッコ内は3リッター直6ガソリンエンジン搭載モデル「535i」の値)。

ハンドル位置は右のみが用意され、価格は「535i」の10万円高となる850万円。自動車取得税と重量税の100%減免(エコカー減税)や、エコカー補助金といった税制上の優遇も受けられる。

(webCG 関)

「BMWアクティブハイブリッド5」
「BMWアクティブハイブリッド5」 拡大
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像 拡大
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像 拡大
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像 拡大

関連キーワード:
アクティブハイブリッド5BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 740i(FR/8AT)【レビュー】 2015.11.25 試乗記 新機軸を満載して攻めの姿勢を見せる新型「BMW 7シリーズ」。果たして「駆けぬける歓び」は守れたのだろうか。7シリーズのラインナップで最もベーシックな位置付けの「740i」に試乗した。
ホームへ戻る