第237回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(後篇)−勝手にあげま賞! 意外なグランプリは?

2012.03.23 エッセイ

第237回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(後篇)勝手にあげま賞! 意外なグランプリは?

ショー会場で、ベントレーのコンセプトカー「EXP 9F」を取り囲む人々。
第246回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(後篇)−勝手にあげま賞! 意外なグランプリは?
【写真2】ボクと前後して会場駐車場にやってきたピンクの7代目「トヨタ・セリカ」。
第246回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(後篇)−勝手にあげま賞! 意外なグランプリは?
【写真3】2代目「アウディ100アバント」。
第246回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(後篇)−勝手にあげま賞! 意外なグランプリは?

まつ毛の生えた「トゥインゴ」

「ランチア・イプシロン」が9999ユーロ(約111万円)、「日産マイクラ(日本名:マーチ)」は月々129ユーロ(約1万4000円)、「トヨタ・ヤリス」を9999ユーロで!

朝、フランスのテレビを見ていると、そんなテレビCMが次々流れる。いずれも、まだ登場してそれほど経過していないモデルだというのに。2011年9月に発表された3代目「フィアット・パンダ」のCMまで、「フィアット・パンダを月々わずか99ユーロで!」とうたっている。欧州市場におけるクルマ販売が苦戦していることをひしひしと感じさせる。

やがて9時を過ぎると、米国製連続テレビドラマ「Des jours et des vies」が始まってしまった。フランスで1991年以来今日まで21年間放映されている化石級番組である。きっとボクの死後も続いているであろう。そう思うと見ていても仕方ないのでテレビを消し、ジュネーブショーの会場に向かった。

閑話休題。今回はショー内外で目撃したさまざまな事象に、勝手に賞をさしあげようと思う。題して「勝手にあげま賞」である。

まずは「パーキング賞」から。
報道関係者公開日はお仕事関係の方々オンリーにもかかわらず、駐車場ではヘンなクルマを数々目撃した。

【写真2】は、ボクのクルマと前後してフランス−スイス国境を越えてきた英国ナンバーの7代目「トヨタ・セリカ」である。ピンク色がまぶしすぎるが、往年の日本製スペシャリティーカーが大切に乗られていることに好感を覚える。
【写真3】はドイツから来た2代目「アウディ100」のワゴン仕様である。毎年周辺で大渋滞が起きるブレスデイに、ともすれば水温等で機嫌を悪くしそうな30年もので来た勇気に敬意を表したい。
【写真4】の2005年「オペル・ティグラ」は地元スイスナンバーで、なんとダッシュボードに「売りたし」のカードが置かれていた。7000スイスフラン(約63万円)という。関係者公開日というのに、恥も外聞もなく(?)売る勇気に拍手した。

【写真4】「売りたし」のカードとともにたたずんでいた「オペル・ティグラ」。
第246回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(後篇)−勝手にあげま賞! 意外なグランプリは?
【写真5】まつ毛パッチリの初代「ルノー・トゥインゴ」。
第246回:大矢アキオ式、ジュネーブショー自由研究(後篇)−勝手にあげま賞! 意外なグランプリは?

しかし、「パーキング賞」は、地元ジュネーブのナンバーだが【写真5】の「ルノー・トゥインゴ」に差し上げたい。“つけまつ毛”は日本でも一部カーアクセサリーファンに知られた既製品であるが、初代トゥインゴほどそれが似合うクルマはない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。