「ルノー・トゥインゴR.S. カップ」30台限定で発売

2013.04.25 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ ルノースポール カップ」
「ルノー・トゥインゴ ルノースポール カップ」

「ルノー・トゥインゴR.S. カップ」30台限定で発売

ルノー・ジャポンは、スポーティーなコンパクトモデル「ルノー・トゥインゴ ルノースポール カップ」を日本市場に導入。2013年5月9日に30台限定で発売する。

インテリアの様子。ブラックとホワイトのツートンカラーが特徴だ。
インテリアの様子。ブラックとホワイトのツートンカラーが特徴だ。
 
「ルノー・トゥインゴR.S. カップ」30台限定で発売の画像
自然吸気の1.6リッター直4エンジン。134ps、16.3kgmを発生する。
自然吸気の1.6リッター直4エンジン。134ps、16.3kgmを発生する。
メタリックイエローの「ジョン・シリウスM」は、「トゥインゴ」では初採用。ボディーカラーは、この1色のみとなる。
メタリックイエローの「ジョン・シリウスM」は、「トゥインゴ」では初採用。ボディーカラーは、この1色のみとなる。

「トゥインゴ ルノースポール(R.S.)」に、新たなモデルが登場した。
「トゥインゴR.S.」が日本に上陸したのは2009年のこと。しかし、2012年のマイナーチェンジ後は、カタログモデルの「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」限定車「トゥインゴR.S.レッドブル・レーシングRB7」のみの扱いとなっていた。

本国の「トゥインゴR.S.」には、「シャシースポール」「シャシーカップ」と2種類のシャシーセッティングが用意されているのだが、今回の限定車は、車名の最後に“カップ”とあるように、後者が採用されている。
運動性能と快適性能を両立したシャシースポールに対し、シャシーカップはサーキット走行も考慮した運動性能最優先のチューニング。マイナーチェンジ以前の「トゥインゴR.S.」はシャシーカップだったのに対し、「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」は新旧いずれもシャシースポール。「トゥインゴR.S.レッドブル・レーシングRB7」も同じくシャシースポールだから、“シャシーカップのトゥインゴR.S.”自体、久々の復活ということになる。

ボディーカラーが「メガーヌR.S.」でもおなじみの、ルノースポールのシンボルカラー「ジョン・シリウスM」になることも、今回の限定車の特徴だ。ドアミラー、リアスポイラー、17インチアロイホイールは、それぞれブリリアントブラック塗装の仕上げとなる。

インテリアには、ブラックのファブリックとホワイトのレザー調表皮を用いたコンビシートや、やはりブラック&ホワイトでコーディネイトされた本革巻きステアリングホイール、レザー調メーターフードが与えられ、いずれもイエローのステッチが施されている。

パワートレインは「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」と共通。最高出力134ps/6750rpm、最大トルク16.3kgm/4400rpmを発生する1.6リッター直列4気筒エンジンに、5段MTを組み合わせる。
全長×全幅×全高=3700×1690×1460mmのボディーサイズ、1090kgの車両重量、さらに左ハンドル仕様となる点も「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」と同じである。

価格は「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」より10万円安い235万円。30台の限定で、全国17カ所にあるルノースポール スペシャリストディーラーで扱われる。

(文=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る