「ルノー・トゥインゴR.S. カップ」30台限定で発売

2013.04.25 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ ルノースポール カップ」
「ルノー・トゥインゴ ルノースポール カップ」

「ルノー・トゥインゴR.S. カップ」30台限定で発売

ルノー・ジャポンは、スポーティーなコンパクトモデル「ルノー・トゥインゴ ルノースポール カップ」を日本市場に導入。2013年5月9日に30台限定で発売する。

インテリアの様子。ブラックとホワイトのツートンカラーが特徴だ。
インテリアの様子。ブラックとホワイトのツートンカラーが特徴だ。
 
「ルノー・トゥインゴR.S. カップ」30台限定で発売の画像
自然吸気の1.6リッター直4エンジン。134ps、16.3kgmを発生する。
自然吸気の1.6リッター直4エンジン。134ps、16.3kgmを発生する。
メタリックイエローの「ジョン・シリウスM」は、「トゥインゴ」では初採用。ボディーカラーは、この1色のみとなる。
メタリックイエローの「ジョン・シリウスM」は、「トゥインゴ」では初採用。ボディーカラーは、この1色のみとなる。

「トゥインゴ ルノースポール(R.S.)」に、新たなモデルが登場した。
「トゥインゴR.S.」が日本に上陸したのは2009年のこと。しかし、2012年のマイナーチェンジ後は、カタログモデルの「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」限定車「トゥインゴR.S.レッドブル・レーシングRB7」のみの扱いとなっていた。

本国の「トゥインゴR.S.」には、「シャシースポール」「シャシーカップ」と2種類のシャシーセッティングが用意されているのだが、今回の限定車は、車名の最後に“カップ”とあるように、後者が採用されている。
運動性能と快適性能を両立したシャシースポールに対し、シャシーカップはサーキット走行も考慮した運動性能最優先のチューニング。マイナーチェンジ以前の「トゥインゴR.S.」はシャシーカップだったのに対し、「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」は新旧いずれもシャシースポール。「トゥインゴR.S.レッドブル・レーシングRB7」も同じくシャシースポールだから、“シャシーカップのトゥインゴR.S.”自体、久々の復活ということになる。

ボディーカラーが「メガーヌR.S.」でもおなじみの、ルノースポールのシンボルカラー「ジョン・シリウスM」になることも、今回の限定車の特徴だ。ドアミラー、リアスポイラー、17インチアロイホイールは、それぞれブリリアントブラック塗装の仕上げとなる。

インテリアには、ブラックのファブリックとホワイトのレザー調表皮を用いたコンビシートや、やはりブラック&ホワイトでコーディネイトされた本革巻きステアリングホイール、レザー調メーターフードが与えられ、いずれもイエローのステッチが施されている。

パワートレインは「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」と共通。最高出力134ps/6750rpm、最大トルク16.3kgm/4400rpmを発生する1.6リッター直列4気筒エンジンに、5段MTを組み合わせる。
全長×全幅×全高=3700×1690×1460mmのボディーサイズ、1090kgの車両重量、さらに左ハンドル仕様となる点も「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」と同じである。

価格は「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」より10万円安い235万円。30台の限定で、全国17カ所にあるルノースポール スペシャリストディーラーで扱われる。

(文=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る