走りのワゴン「メガーヌ エステートGT220」発売

2013.04.25 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ エステートGT220」
「ルノー・メガーヌ エステートGT220」

走りのワゴン「メガーヌ エステートGT220」発売

ルノー・ジャポンは2013年4月25日、スポーティーなワゴン「ルノー・メガーヌ エステートGT220」を同年5月16日に発売すると発表した。

 

 
走りのワゴン「メガーヌ エステートGT220」発売の画像
ところどころに赤の差し色が使われるインテリア。トランスミッションは6段MTのみ。
ところどころに赤の差し色が使われるインテリア。トランスミッションは6段MTのみ。
220psを発生する2リッター直4ターボエンジン。車名はこれに由来する。
220psを発生する2リッター直4ターボエンジン。車名はこれに由来する。

■最もパワフルな「メガーヌ エステート」

ルノー直属のスポーツディビジョン、ルノースポールが手掛ける車両は、フォーミュラ・ルノーなどのレーシングカーと、公道走行可能なスポーツモデルに分けられる。後者には「GTライン」「GT」「ルノースポール(R.S.)」の3タイプがある。

GTラインはボディーやインテリアなどをスポーティーに装い、それに見合った足まわりが与えられている。それに対してGTは、エンジンやブレーキも専用品として、快適性を犠牲にしない範囲で運動性能を高めている。もちろんR.S.は、走りを最優先に考えたグレードだ。

今回発売された「メガーヌ エステートGT220」は、「メガーヌ」の5ドアハッチバックとエステート(ワゴン)に設定されているGTラインと、2ドアクーペのR.S.との中間に位置するモデル。これにより、ルノースポールの息がかかった3タイプすべてが、メガーヌで選べるようになったわけだ。

「メガーヌ エステート」のGTは、2012年7月に60台限定販売の形で上陸した経緯があるが、今回は正式なカタログモデルとなる。しかも、ハンドル位置は左から右に移され、車名に「220」とあるとおり、エンジンのパワーアップも図られている。

R.S.と基本を同じくする2リッター直列4気筒ターボエンジンは、最高出力220ps/5500rpm、最大トルク34.7kgm/2400rpmを発生する。先に限定販売されたGTのアウトプットは180psと30.6kgm、R.S.が265psと36.5kgmだから、パワーについては両者のほぼ中間、トルクはむしろR.S.に近い。
トランスミッションは、R.S.と同じ3ペダルの6段MTで、ヒルスタートサポート、ストップ&スタート機能、減速時にエネルギー回生を行うエナジースマートマネジメント機能も搭載している。

パーキングブレーキは電動式。スイッチはセンターコンソール上に配される。
パーキングブレーキは電動式。スイッチはセンターコンソール上に配される。
ラゲッジルーム。床下にも予備の収納スペースが確保される。
ラゲッジルーム。床下にも予備の収納スペースが確保される。
 
走りのワゴン「メガーヌ エステートGT220」発売の画像

■スポーツ走行用アイテムも満載

サスペンションは、フロントが「メガーヌ クーペ」用をベースにR.S.のダンパーを組み合わせたもので、リアサスペンションのアクスル形状もR.S.と共通だ。ブレーキのマスターシリンダーもR.S.と同一。フロントのベンチレーテッドディスクは上級モデル「ラグナV6」用をコンバートしている。

電動パワーステアリングも、ダイレクト感を高め、路面の感触を伝えるスポーティーなチューニングとされ、ステアリングホイールはR.S.と同じ形状のものを採用。タイヤは225/40R18サイズの「ダンロップ・スポーツマックスTT」を履く。

ハッチバックやクーペより60mm長いホイールベースを持つエステートボディーは、フロントフォグランプマスクや電動格納式ドアミラー、ルーフバー、リアディフューザー、アルミホイールをブラックアウトして、精悍(せいかん)さをアピール。
ダークカーボンカラーでコーディネイトされたインテリアは、ルノースポールが手掛けたフロントシートやアルミペダルのほか、スポーツ走行に欠かせない7つの情報を表示するR.S.モニターも装備されている。

価格は、319万円。昨年限定された180psのGTは315万円だったから、性能や装備が向上していることを考えれば、むしろお買い得になったと言えるだろう。


(文=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)【試乗記】 2013.6.9 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る