「アストン・マーティン ラピードS」日本上陸

2013.04.26 自動車ニュース
「アストン・マーティン ラピードS」
「アストン・マーティン ラピードS」 拡大

「アストン・マーティン ラピードS」日本上陸

アストン・マーティンは2013年4月26日、4ドアのスポーツカー「ラピードS」を日本で初めて披露した。

■リアドアのあるスポーツカー

これまでのアストン・マーティンのモデルサイクルを考えれば、2010年に「ラピード」が日本デビューを飾ってから、わずか3年で「ラピードS」へと進化したことに、まずは驚かされる。

ラピードSはラピードの流れをくむデザインが採用されてはいるものの、例えばおいそれとは変えられないエンジン搭載位置を19mm低めるなど、中身は新設計といえるレベルで手が加えられている。また、同じように見えてリアのフリップ(スポイラー)を新設するなど、主にエアロダイナミクスを追求した変更が施されている。

全長5020mm、全幅2140mm(ミラー含む)、全高1350mm、ホイールベース2989mmと、高さを除けばビッグサイズのクルマだ。ラピード同様に4つのドアを備える、居住性の高いクルマだが、アストン・マーティンの資料にはひと言も「セダン」とか「サルーン」といった言葉は見当たらず、必ず「4ドアスポーツカー」と表現されている。

レザーがふんだんに使われるのはもちろん、左右のフロントシート裏側にモニターが設置され、またバング&オルフセンのオーディオシステムが組み込まれるなど、車内はラグジュアリーに仕立てられる。居住空間は十分に確保されているが、リアに備わる独立した2座のバケットシートを見れば、このクルマがピクニックにふさわしいクルマではなく、4人を乗せてスポーツドライビングを楽しむクルマだということがわかる。

最新のV12エンジンは、従来モデル「ラピード」の477psに比べて81ps増しの558psを発生する。
最新のV12エンジンは、従来モデル「ラピード」の477psに比べて81ps増しの558psを発生する。 拡大
リアシート。大きなセンターコンソールが、居住空間を左右に分かつ。
リアシート。大きなセンターコンソールが、居住空間を左右に分かつ。 拡大
 
「アストン・マーティン ラピードS」日本上陸の画像 拡大

■さらに走りを極めるために

新世代の「DB9」や「ヴァンキッシュ」にも積まれ、彼らが「第四世代のAM11」と呼ぶ6リッターV12DOHCエンジンをラピードSも搭載する。最高出力558ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5500rpmを発生。ラピードに比べ、最高出力は81ps、最大トルクは2.0kgm高められた。6段ATと組み合わされる。

車両重量は1990kgと絶対的には重量級だが、プラットフォームにはアルミが用いられ、カーボンパーツも随所にちりばめられており、軽量化に腐心したことがわかる。また、トランスアクスル化によって、48:52と理想的な前後重量配分を実現している。パワー・トゥ・ウェイトレシオは、3.57kg/ps。ライバルは効率を高めるためにこぞってターボエンジンを採用するが、フィーリングや特性を重視し、いけるところまで自然吸気エンジンを使う姿勢がアストン・マーティンらしい。

前後ともにダブルウィッシュボーン形式のサスペンションは、組み合わされるダンパーにアダプティブ・ダンピング・システムが組み込まれ、車内のガラス製ボタンを押すことで「ノーマル」「スポーツ」「トラック」から特性を選ぶことができるようになった。フロント245/40ZR20、リア295/35ZR20のブリヂストン製タイヤを履く。

価格は、2305万8457円。

(文=塩見 智)

関連キーワード:
ラピードSアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る