第2回:突撃! ソウルモーターショー2013 後編 
カムリのカー・オブ・ザ・イヤー受賞に見る、韓国のお国柄

2013.04.26 エッセイ

なぜ「カムリ」はカー・オブ・ザ・イヤーを取れたのか?

再びのコリアネタですが、みなさん知ってます? しばらく前にひそかに話題になった、「韓国カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)に『トヨタ・カムリ』!」の記事。クルマ好きたるもの、この記事、見逃しちゃいけませんがな。

相手はトコトン日本意識の韓国。ご存じサッカー、野球、スケートはもちろんモノ作りでもライバル心メラメラで、自動車界も家電界に続けと思ってること確実。中でもクルマはご存じヒュンダイグループに牛耳られており、現地報道によれば今回のCOTY授賞式をヒュンダイ首脳陣が怒ってボイコットしたとか。実際過去2回は「ヒュンダイi40」に「キアK5」といずれも韓国車の受賞だからして。
しかし、日本でも地元COTYはメーカー間のプライドをかけた戦いであり、激しいプレゼン合戦が繰り広げられる。つまり今回の出来事は、いわばその一党独裁政権の中で、妙にリベラルな○×党が政権を取ったような現象であり、果たして一体ナニが起こったのか? ソウルショーに行ったついでに関係者を直撃してみました。

まずは肝心の選考委員、チャーリー・チェさん。「グローバル・オートニュース&コンサルティング」という調査会社の社員でもある。
「実は韓国にもカー・オブ・ザ・イヤーは2つあって、一つは4年前にでき、もう一つは去年できました。カムリが取ったのは最初の方のものなんです」
日本もそうだが韓国でもこの手の賞モノは複数あり、一応権威があるのは最初ので、現在選考委員は33人。内訳は新聞関連が20人、雑誌関連が13人だという。
「ただし、メディアの状況はかなり違っていまして、日本はフリーの自動車ジャーナリストが選びますが、韓国にはフリーランスはほとんどいない。代わりに新聞記者がやるんです」
ぶっちゃけ韓国には自動車専門メディアが少ない。日本みたいに専門誌だけで100誌以上もないわけで、となると、おのずと新聞記者が代わりを務める。さらに新聞の自動車担当は2~3年で変わる場合が多く、要するに「趣味人はあまりいない」のが特徴なのだ。
一部いるフリーランスにしてもほとんどが副業で、ユンジンさんも本業は投資銀行のアナリスト。かな~り日本とは状況が違うのだ。
「そもそも他と同じようにはやろうとは思ってなくて、独自路線です。バリュー、ブランド、品質、燃費、競争力、パフォーマンスを冷静に判断したいと考えています」

どうやら韓国COTYはあまり「好き」や「情熱」には揺り動かされない。ある意味、リベラルってことのようなのだ。なんか意外ですなぁ。

2013韓国カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「トヨタ・カムリ」。ちなみに2位は「BMW 3シリーズ」、3位は「ヒュンダイ・サンタフェ」と、欧州の高級車や地元の強敵を抑えての快挙だった。
日本と同様、韓国でも市場における国産車のシェアは圧倒的。中でもヒュンダイグループ(ヒュンダイとキア)は7割を占める。
韓国COTY選考委員のチャーリー・チェさん(右)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』