【スペック】全長×全幅×全高=3655×1625×1505mm/ホイールベース=2300mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(160ps/5500rpm、21.0kgm/2000rpm)/燃費=14.0km/リッター(JC08モード)/価格=349万円(テスト車=364万円/ボディーカラー<ビコローレ ブラック/ホワイト>=15万円)

アバルト595Cツーリズモ(FF/5AT)【試乗記】

猛毒なんて言わないで 2013.04.30 試乗記 アバルト595Cツーリズモ(FF/5AT)
……364万円

得意の小排気量チューニングにより、日本でもカルト的な人気を誇ったイタリアの名門「アバルト」。その最新モデルである「595Cツーリズモ」のインプレッションから、今日のアバルトの姿を探った。

今も高いブランドイメージ

新世代の「フィアット500」が発売された2007年、アバルトもまた復活を遂げた。1950年代から60年代にかけて小排気量車のチューニングを得意としていたファクトリーがアバルトだったが、近年ではフィアット車の高性能バージョンに名を冠するにとどまっていた。新たにブランドとして再生し、レースを行うとともに市販車を販売するようになったのである。

熱いハートを秘めるコンパクトカーという成り立ちは日本人受けしたようで、70年代の「アウトビアンキA112アバルト」などは長い間カルト的人気だった。2012年のパリサロンで発表された「アバルト695 エディツィオーネ マセラティ」は、世界で499台の限定生産の中で日本への割り当てが100台に及ぶ。今もブランドイメージは高いままなのだ。

「アバルト595」は、695と同じくフィアット500をベースにしている。スーパーの安売りのようなキリの悪い数字は、1957年デビューの2代目500をチューンしたかつてのモデルに由来している。479ccだったノーマルから拡大された排気量から、誇らしげに命名されていていたのだ。発売されたのは1963年だから、ちょうど50年前だ。あの頃の500ベースのアバルトは、放熱のためにリアのエンジンフードを開けたままにしておくのが常道だったが、もちろん今それをまねする意味はない。

ボディーのカラーバリエーションは、グレーやレッド、ホワイトなど全6種類。テスト車のようなツートンカラーも選ぶことができる。
ボディーのカラーバリエーションは、グレーやレッド、ホワイトなど全6種類。テスト車のようなツートンカラーも選ぶことができる。
タイヤサイズは205/40R17。ホイールは4種類の中から選択が可能で、テスト車は標準装備の10スポーク17インチアロイホイールを履いていた。
タイヤサイズは205/40R17。ホイールは4種類の中から選択が可能で、テスト車は標準装備の10スポーク17インチアロイホイールを履いていた。
 
アバルト595Cツーリズモ(FF/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595Cツーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7 2017.3.30 スーパーカークロニクル 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
ホームへ戻る