第3回:直撃! びっくりオート上海2013
もしや13億人のスーパーカーブーム!?

2013.04.30 エッセイ

まさに“年末のアメ横”状態

うぉぉぉぉぉぉ! まさに脱帽、まいったぜオート上海2013!! 今回15回目を迎えた上海モーターショー。もはや多少の事では驚かなくなっていた不肖小沢でありますが、またまたびっくり! “量”はもちろんすっかり“質”まで変わり始めちゃっているからだ。

分かりやすいびっくりデータからいくと、総展示面積28万平方メートルはおそらく世界1位か、フランクフルトに次ぐ2位! 母屋数は前回より2箱増えて今回17箱! 会場は上から見てわかりやすい三角配置で、正面玄関から右がE列、左がW列で、その両方を新しくできたN列がつなぐ。
さらに出展メーカー約2000社!(日本の約10倍!)、出展車1300台(日本の約3倍!)、ワールドプレミア、つまり世界初公開111台(こちらも数倍)、アジアプレミア49台と続く。ただし、開催期間はほぼ1週間と長くなく、来場者数100万人前後で確か極端に多くはなかったと思う(忘れました……)。

でまあ、今回もやたらとたくさんクルマが出ているのだが、その手の情報はもういっぱい出まわっているだろうから後回し。それよりも、なにが今回の驚きだったかというと、それは人の流れだ。今や、中国は空前のスーパーカーブームなのだ。ただし、かつての日本と違って少年だけの現象ではなく、“大人も子供も総ミーハー状態”って感じでそこがそこが面白くもスゴい!

顕著なのは、公開初日の日曜日の人混み。お天気良好で全体的に混んでいたのだが、ことN1ブース、つまりフェラーリ、ランボ、ポルシェ、ロールス、ベントレー、ブガッティ他(なんと日本のアルパインブースも!)が入ってる俗称“スーパーカー館”の前は長蛇の列だった。一部報道済みだけど、入場制限のかかったブースの前にはおそらく縦100m×横20~30人ぐらいの人の波。入るまでにざっと1時間弱はかかった。
しかも入ったら入ったで不肖小沢もへきえきしたが年末のアメ横のような渋滞。クルマがマトモに見れないのはもちろん、頭のテカった息の臭いオヤジが体を押しつけてくるわ、カメラ小僧は邪魔くさいわで大変も大変。日本じゃあり得ない、頭から湯気のパワートランス状態なのだ。

上海ショーは今回もごらんの人混み。みなさん、ボクの姿、ちゃんと見えてますか?
上海ショーは今回もごらんの人混み。みなさん、ボクの姿、ちゃんと見えてますか?
会場の中でも特に混雑していたのが“スーパーカー館”ことN1ブース。その盛況ぶりはご覧の通りで、展示スペースに近づくのはおろか、建屋に入るまでがとにかく大変だった。
会場の中でも特に混雑していたのが“スーパーカー館”ことN1ブース。その盛況ぶりはご覧の通りで、展示スペースに近づくのはおろか、建屋に入るまでがとにかく大変だった。
今回のショーでお披露目された「ランボルギーニ・アヴェンタドール LP720-4 50°アニヴェルサリオ」。ランボの創立50周年を記念した限定モデルだ。
今回のショーでお披露目された「ランボルギーニ・アヴェンタドール LP720-4 50°アニヴェルサリオ」。ランボの創立50周年を記念した限定モデルだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』