第180回:ルノースポール、日本を走る(前編) ~初めて取り組む「鈴鹿のテスト」【Movie】

2013.04.28 エディターから一言
 
第180回:ルノースポール、日本を走る(前編) ~初めて取り組む「鈴鹿のテスト」【Movie】の画像

ルノーのスポーツモデルやレーシングカーの開発を担うルノースポールが、ヨーロッパ以外では初となる走行テストを、2013年4月12日から17日にかけて、日本で実施した。そのうち17日に鈴鹿サーキットで行われたタイムアタックなどの様子を、取材することができた。

鈴鹿のピットでテストの時を待つ、ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌ ルノースポール」。
鈴鹿のピットでテストの時を待つ、ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌ ルノースポール」。
ルノースポールのキーマンたち。写真左から、フィリップ・メリメ氏、ジャン・カルカ氏、そしてロラン・ウルゴン氏。
ルノースポールのキーマンたち。写真左から、フィリップ・メリメ氏、ジャン・カルカ氏、そしてロラン・ウルゴン氏。
今回は、ルノースポールのトップであるパトリス・ラティ氏も初来日。テストの様子を見守った。「クルマの開発においては、ドライバーとエンジニアによる“共同作業”が大切です」。
今回は、ルノースポールのトップであるパトリス・ラティ氏も初来日。テストの様子を見守った。「クルマの開発においては、ドライバーとエンジニアによる“共同作業”が大切です」。

日本は“特別な場所”

今回来日したのは、チェアマンのパトリス・ラティ氏、チーフシャシーダイナミクスエンジニアのフィリップ・メリメ氏、国際マーケティングマネージャーのジャン・カルカ氏、そして、「メガーヌ ルノースポール」でニュルブルクリンク“FF車最速タイム”を記録しているテストドライバー ロラン・ウルゴン氏の4人だ。ルノースポールのチェアマンが来日するのは、今回が初めてのことである。

それにしても、なぜ日本なのか? その疑問に対して、ラティ氏は次のように答えた。

「日本はとても大切なマーケットであり、これから伸びる可能性もあります。さらに鈴鹿は、アジアでもっとも有名なグランプリコースであり、ヨーロッパのニュルブルクリンクに相当する存在だと思っています。テストに最適の場所だと判断したのです」

ちなみに、昨2012年の日本市場における「ルノースポール」モデルの販売台数は、ヨーロッパ以外ではオーストラリアに次いで2位(世界全体では6位)。世界で315拠点を数えるルノースポール・スペシャリストディーラーの数も、フランス、ドイツに次ぐ世界第3位(17拠点)となっている。たしかに“メジャーなマーケット”だ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記