第181回:ルノースポール、日本を走る(後編) ~“最速男”のタイムアタック【Movie】

2013.04.28 エッセイ

ルノースポールは、2013年4月12日から17日まで、ヨーロッパ以外では初めてとなる走行テストを日本で実施した。当日のテストドライバーを務めたのは、ドイツのニュルブルクリンク北コースで「メガーヌ ルノースポール」を駆り、“市販FF車最速ラップ”を記録したロラン・ウルゴン氏、その人だ。
17日に鈴鹿サーキットで行われたメディア向けの取材会で、タイムアタックなどの合間に話を聞いた。

ドイツのニュルブルクリンクにおいて、「ルノー・メガーヌ ルノースポール」でFF車最速タイムの8分7秒97をたたき出した、ロラン・ウルゴン氏(写真左/下写真も)。今回初めて、鈴鹿サーキットでテストドライブを実施した。
ドイツのニュルブルクリンクにおいて、「ルノー・メガーヌ ルノースポール」でFF車最速タイムの8分7秒97をたたき出した、ロラン・ウルゴン氏(写真左/下写真も)。今回初めて、鈴鹿サーキットでテストドライブを実施した。
来日中の鈴鹿では、2分33秒328をマーク。計測時のタイヤは、ヨコハマの「アドバン・ネオバAD08」を使用した。
来日中の鈴鹿では、2分33秒328をマーク。計測時のタイヤは、ヨコハマの「アドバン・ネオバAD08」を使用した。

一般道も無視できない

ウルゴン氏は、昨年行われたファン感謝イベント「ルノースポール ジャンボリー」で、富士スピードウェイを走行したことがある。それと比較すると、鈴鹿は、よりエキサイティングなサーキットに映ったようだ。

「グリップは富士より上だし、1コーナーからS字コーナーにかけてのセクターや130Rは、他のサーキットには存在しないテクニカルなレイアウトですね。S字ではトラクションが重要だと感じました。130Rは、最初はビビりました(笑)。エキサイティングなコーナーです」

さらにウルゴン氏は、高速道路や一般道といった公道もテストしている。ルノースポールのような高性能車にとって、日本の公道はあまり意味のある舞台ではないように思えたが、実際はそうでもなかったようだ。

「まず印象的だったのは、渋滞がひどいことです(笑)。高速道路の継ぎ目が多いし、しかも段差が大きい。ヨーロッパではあのような継ぎ目や段差はありません。サスペンションのストロークだけでなく、前後方向の剛性も大事だと思いました」

テスト車は日本仕様の「メガーヌ ルノースポール」で、右ハンドル車のテスト自体も初めてだった。左手でのギアチェンジに慣れておらず、何度もシフトミスをしたそうだが、それでも2分33秒328というラップタイムを記録したのだからさすがだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ