560psの「アウディR8 GTスパイダー」発売

2012.03.23 自動車ニュース
「アウディR8 GTスパイダー」。2012年のSUPER GT選手権に「アウディR8 LMS」で出場する女性ドライバー、シンディ・アレマンさん(写真)のドライブで、発表会場に現れた。
560psの「アウディR8 GTスパイダー」発売

560psのオープン「アウディR8 GTスパイダー」発売

アウディジャパンは2012年3月22日、ハイパフォーマンスなオープンモデル「R8 GTスパイダー」を10台限定で発売した。

 
560psの「アウディR8 GTスパイダー」発売の画像
 
560psの「アウディR8 GTスパイダー」発売の画像
ブレーキディスクは、カーボンファイバーセラミック製のものがおごられる。
ブレーキディスクは、カーボンファイバーセラミック製のものがおごられる。

■さらに軽く、パワフルに

2011年はアウディにとって記録ずくめの年となった。グローバルでの販売台数は史上初めて130万台を超え、ライバルのメルセデス・ベンツを下し、BMWにあと8万台と迫った。1999年より参戦しているルマン24時間レースでは通算10回目となる優勝を果たし、地元ドイツで開催されているDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)では通算8回目となるタイトルを獲得。まさに文句のつけようがない1年だった。
これ以外にも、アウディはひとつの栄冠を日本で勝ち取っている。GT3仕様の「アウディR8 LMS」がスーパー耐久シリーズに参戦し、ST-Xクラスでチャンピオンに輝いたのだ。今年は国内最高峰GTレースであるSUPER GTに戦いの場を移し、合計4台が参戦するというが、この参戦体制発表会の場で1台の特別な「R8」がスポットライトを浴びた。これこそ、日本でたった10台だけが販売される「アウディR8 GTスパイダー」である。

その名から想像されるとおり、「R8 GTスパイダー」は昨年7月に日本でも発売された「R8 GT」のコンバーチブル版である。
ベースとなったのは、もちろん「R8スパイダー」。ただし、コクピットの背後に搭載される5.2リッターV10エンジンは、スタンダードの525ps(386kW)から560ps(412kW)へとパワーアップ。トルクも530Nm(54.0kgm)から540Nm(55.1kgm)に強化された。トランスミッションは、シーケンシャル式の6段「Rトロニック」。結果、0-100km/h加速を実に3.8秒でこなし、最高速度は317km/hに達するスーパースポーツに仕上がった。

改良の手が加えられたのはエンジンばかりではない。クーペタイプの「R8 GT」同様、アウディがモータースポーツで得たノウハウを駆使し、軽量化も抜かりなく行われているのだ。中でも印象的なのは、高価なカーボンパーツがふんだんに使われている点。エクステリアではフロントスポイラー、カナード、大型リアスポイラー、ドアミラーがカーボン製とされた。この結果、スタンダードの「R8スパイダー」に対して実に85kgもの軽量化を実現したという。

各所にアルカンターラが用いられるインテリア。シフトノブには限定モデルであることを示すシリアルナンバーが、ステアリングやメーター、シートなどには専用のエンブレムが添えられる。
各所にアルカンターラが用いられるインテリア。シフトノブには限定モデルであることを示すシリアルナンバーが、ステアリングやメーター、シートなどには専用のエンブレムが添えられる。
 
560psの「アウディR8 GTスパイダー」発売の画像
 
560psの「アウディR8 GTスパイダー」発売の画像

いっぽうのインテリアでは、ドアアームレストやセンターコンソールなどの素材に同じくカーボンを採用。そのほか、バケットシート、ウインドスクリーンフレーム、ステアリング、ハンドブレーキレバーはアルカンターラで覆い、スポーティーななかにもラグジュアリーな雰囲気を醸し出している。

足まわりには、スプリングレートと減衰率をより高めたGT専用スポーツサスペンションを採用。これにより車高は約10mm低められた。また、ブレーキはカーボンファイバーセラミックディスクを標準装備。これだけでスチール製ディスクに比べて9kgもの軽量化を果たした。バネ下重量が軽減されることで、ロードホールディング性と乗り心地の両面についても改善されるものと思われる。さらに、6ピストン式のアルミニウム製フロントブレーキキャリパーにはレッドのアルマイト加工が施されており、その卓越したパフォーマンスを暗示している。

価格は、クローズドボディーの「R8 GT」(2742万円)より322万円高く、ベースモデルの「R8スパイダー」(2194万円)より870万円高い、3064万円。ボディーカラーはスズカグレー、スフィアブルー、ファントムブラックの3色が用意される。
販売台数は世界でたったの333台。先の「R8 GT」も同じく世界で333台が販売され、日本には5台が導入されたが、この5台は発売とほぼ同時に完売となったもよう。そこで「R8 GTスパイダー」はその倍にあたる10台が販売されることになったという。正式発売となった3月22日の段階では、残りはすでにわずかとのこと。気になった向きは早めに全国11店舗のアウディR8取扱店にコンタクトされることをお勧めする。

(文=大谷達也/Little Wing)

関連記事
  • アウディTTロードスター 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)/TTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.21 試乗記 アウディのスポーツカー「TT」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。オープン2シーターの「TTロードスター」と高性能モデル「TTSクーペ」を駆って、その実力を確かめた。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 「アウディR8スパイダー/TT RSクーペ/RS 3セダン」発表会の会場より 2017.3.28 画像・写真 アウディ ジャパンが新型「R8スパイダー」「TT RSクーペ」「RS 3セダン」の3車種を発表。アウディのモータースポーツ活動を担うアウディスポーツ社が手がけた高性能モデルで、5月から7月に順次発売される。各モデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.6 試乗記 新世代「アウディTT」の中で、最もパワフルな「TTSクーペ」に試乗。直噴ターボエンジンや新開発の軽量ボディー、そしてアウディ自慢の先進装備がもたらす走りの質を報告する。
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
ホームへ戻る