MINIジョンクーパーワークスGP(FF/6MT)

MINIの皮をかぶったリアルスポーツ 2013.05.10 試乗記 MINIファミリーきっての武闘派モデル「MINIジョンクーパーワークスGP」に試乗。200台限定の、スポーツカーに比肩するハードコアな走りを堪能した。

Bセグメントの「911GT3」

空冷ポルシェ、930型「911」の堅牢(けんろう)感があった。アクセルを踏み込むと、直噴ターボエンジンがすかさずレスポンスを返す。1.6リッターにして、最高出力218psをストレスなく紡ぎだす。前輪がアスファルトを踏みしだく。トルクステアで、ステアリングホイールが激しく上下動し、215/40R17のクムホタイヤがボディーをひきちぎらんばかりに駆動する。強固なボディーはそれをみじんも許さず、一塊となって猪突(ちょとつ)猛進する。

こいつは、MINIの「GT3」である。
信号待ちの停車中ですら、エンジンの鼓動を感じる。
乗り心地は、ものすごく悪い。足まわりは路面の平滑なサーキットセッティング。一般道だと乗員は常に上下に揺すられる。ただならぬモノに乗っていることを意識させられる。救いはある。標準装備のクムホがランフラットではないことだ。そのおかげもあって、ガツンと胃の腑(ふ)にくる強烈なハーシュネスはない。レーシーではあるけれど、野蛮ではない。

エンジンがイイ。強化されたピストン、より頑丈なシリンダーヘッド、軽量クランクシャフトやナトリウム封入排気バルブを持っていたりもする。ツインスクロール・ターボチャージングは、ブースト圧が高められ、オーバーブースト機能により、2000rpmから短時間だけ280Nm(28.6kgm)という大トルクを発生する。ターボラグは一般道を走っている限り存在しない。強烈なトルクがアクセルを踏めば踏むほど、無尽蔵に湧き出てくる。

エンジンは「ジョンクーパーワークス」シリーズの中でも「ペースマン」や「クロスオーバー」などと同じ高出力版を搭載。ハッチバックのJCWより7psほど最高出力が高い。
エンジンは「ジョンクーパーワークス」シリーズの中でも「ペースマン」や「クロスオーバー」などと同じ高出力版を搭載。ハッチバックのJCWより7psほど最高出力が高い。
タイヤは「ジョンクーパーワークスGP」用に開発された専用のスポーツタイヤ。フローフォーミング製法で製造された軽量アルミホイールと組み合わされる。
タイヤは「ジョンクーパーワークスGP」用に開発された専用のスポーツタイヤ。フローフォーミング製法で製造された軽量アルミホイールと組み合わされる。
軽量化のためにリアシートは撤去。ボディー剛性を高めるための、赤いインナーバーが物々しい。
軽量化のためにリアシートは撤去。ボディー剛性を高めるための、赤いインナーバーが物々しい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る