ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)

さらにオーラをまとった 2013.05.01 試乗記 「レンジローバー」の最上級グレード「オートバイオグラフィー」に試乗。このクルマがまとう“やんごとなき”オーラの秘密を探った。

機能や性能を超えたカリスマ性

新型「レンジローバー」(以下レンジ)の国内発売は2013年3月。ちなみに、これは業界内輪話だが、メディアやジャーナリストへの取材車の貸し出しは1月下旬からスタートした。というわけで、現時点で、レンジローバーの試乗経験ある10人強に話をきいてみると、「スゲー!」、「最高!!」、「傑作」、「トロけるような乗り味」などなど、同業者のほぼ全員がとにかく最大級の賛辞をならべる。

新型レンジの、いまどきのSUVとしては明らかに高いシートによじのぼって、見下ろすようなダッシュボードと低いウエストラインで、前方も肩まわりも開放的な運転席(=ランドローバーが言うところのコマンドポジション)に座る。そして、タイヤが転がりだした瞬間に、新型レンジを一度でも体験した人たちがほぼ例外なくベタボメする理由は、すぐに理解できる。外を見下ろす視界に加えて、木と革にハイテクが融合した調度品の数々、そして凄(すさ)まじく滑らかな乗り心地と静粛性。外界と隔絶された自分が「やんごとない」人間にでもなったか……と錯覚させるオーラが、いやおうなく押し寄せてくる。

今回の試乗車は新型レンジのなかでも、5リッターV8スーパーチャージドエンジンに、柔らかな「セミアニリンレザーシート」その他を装備した最上級の「オートバイオグラフィー」なるグレードである。本体価格は実に1670万円。そこに後席エンターテイメントやレザー天井ライナー、アダプティブクルーズコントロールに電子制御リアデフ……といった「らしい」オプションを加えると、すぐに1700万円~1800万円台に達するのだ。

この価格帯になると、「あのクルマより○cm大きくて△△ps高いから□□万円増し」だとか「あれとこれが装備されて××万円分のプラス」といった単純な足し算が、さすがに許される世界ではない。ブランド力は当然のこととして、そのうえで機能や性能を超えたカリスマ性がないと、商品として成立しない。

まあ、この高価格を納得できるかどうかは人それぞれだろう。しかし、世にある600~800万円級のSUV、あるいは価格的にレンジと競合する「ポルシェ・カイエン」やBMWの「X5」「X6」、「メルセデスベンツ・Gクラス」などと比較しても、新型レンジは「なるほど高いだけのことはある」と合点する。恥ずかしいほどベタな表現だが、それは「これが砂漠のロールス・ロイスかあ」と感銘を与えるだけのモノにはなっている。

ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 の画像
手作業で仕上げられたというレザーがおごられる室内。インテリアカラーは22種類から選択できる。
手作業で仕上げられたというレザーがおごられる室内。インテリアカラーは22種類から選択できる。
新型「レンジローバー」はSUVとしては世界初となるオールアルミのモノコックボディーを採用する。
新型「レンジローバー」はSUVとしては世界初となるオールアルミのモノコックボディーを採用する。
関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSEラグジュアリー(4WD/9AT)【試乗記】 2015.6.23 試乗記 ランドローバーの新型SUV「ディスカバリー スポーツ」に試乗。街乗り性能が洗練されても、オフロードの走破性を決して忘れないランドローバー。意外と骨っぽい“ディスコ”だが、だからこそ始まる恋(?)だってあるのだ。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る