ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)

さらにオーラをまとった 2013.05.01 試乗記 「レンジローバー」の最上級グレード「オートバイオグラフィー」に試乗。このクルマがまとう“やんごとなき”オーラの秘密を探った。

機能や性能を超えたカリスマ性

新型「レンジローバー」(以下レンジ)の国内発売は2013年3月。ちなみに、これは業界内輪話だが、メディアやジャーナリストへの取材車の貸し出しは1月下旬からスタートした。というわけで、現時点で、レンジローバーの試乗経験ある10人強に話をきいてみると、「スゲー!」、「最高!!」、「傑作」、「トロけるような乗り味」などなど、同業者のほぼ全員がとにかく最大級の賛辞をならべる。

新型レンジの、いまどきのSUVとしては明らかに高いシートによじのぼって、見下ろすようなダッシュボードと低いウエストラインで、前方も肩まわりも開放的な運転席(=ランドローバーが言うところのコマンドポジション)に座る。そして、タイヤが転がりだした瞬間に、新型レンジを一度でも体験した人たちがほぼ例外なくベタボメする理由は、すぐに理解できる。外を見下ろす視界に加えて、木と革にハイテクが融合した調度品の数々、そして凄(すさ)まじく滑らかな乗り心地と静粛性。外界と隔絶された自分が「やんごとない」人間にでもなったか……と錯覚させるオーラが、いやおうなく押し寄せてくる。

今回の試乗車は新型レンジのなかでも、5リッターV8スーパーチャージドエンジンに、柔らかな「セミアニリンレザーシート」その他を装備した最上級の「オートバイオグラフィー」なるグレードである。本体価格は実に1670万円。そこに後席エンターテイメントやレザー天井ライナー、アダプティブクルーズコントロールに電子制御リアデフ……といった「らしい」オプションを加えると、すぐに1700万円~1800万円台に達するのだ。

この価格帯になると、「あのクルマより○cm大きくて△△ps高いから□□万円増し」だとか「あれとこれが装備されて××万円分のプラス」といった単純な足し算が、さすがに許される世界ではない。ブランド力は当然のこととして、そのうえで機能や性能を超えたカリスマ性がないと、商品として成立しない。

まあ、この高価格を納得できるかどうかは人それぞれだろう。しかし、世にある600~800万円級のSUV、あるいは価格的にレンジと競合する「ポルシェ・カイエン」やBMWの「X5」「X6」、「メルセデスベンツ・Gクラス」などと比較しても、新型レンジは「なるほど高いだけのことはある」と合点する。恥ずかしいほどベタな表現だが、それは「これが砂漠のロールス・ロイスかあ」と感銘を与えるだけのモノにはなっている。

ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 の画像
手作業で仕上げられたというレザーがおごられる室内。インテリアカラーは22種類から選択できる。
手作業で仕上げられたというレザーがおごられる室内。インテリアカラーは22種類から選択できる。
新型「レンジローバー」はSUVとしては世界初となるオールアルミのモノコックボディーを採用する。
新型「レンジローバー」はSUVとしては世界初となるオールアルミのモノコックボディーを採用する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る