トヨタ・クラウン 3.5アスリートS(FR/8AT)

さらに熟した「改革派クラウン」 2013.05.02 試乗記 ハイブリッドモデルの対極にある、もうひとつの「クラウン」。3.5リッターV6ガソリンエンジンを搭載する「アスリートS」の走りを試した。

イメージしたのは忍者小説

ニンジャスレイヤーだ! と一目見るなり、私は思った。黒い装束に身を包んだ「クラウン アスリートS」。稲妻グリル、あるいはピカチュウ・グリルなどとも巷間呼ばれている、という第14代クラウンのスポーツ系に与えられた、見方によっては天守閣のシルエットのように見えないこともない――

じつのところ、食べ終わったラーメンのどんぶり鉢がふたつ重なっているように私には見える。いずれにせよ、インプレッシヴな和風グリル。そのグリルの奥の黒塗りメッシュが、鎖帷子(くさりかたびら)を連想させたのであった。インガオーホー!
ドアを開けると、赤黒い内装が現れた。オプションで用意されている「テラロッサ」であった。それはまさにニンジャスレイヤーのニンジャ装束と同じ色なのだった……。なんたる偶然! ワッショイ! 

ニンジャスレイヤー』は、ブラッドレー・ボンドとフィリップ・ニンジャ・モーゼスという2人のアメリカ人の共著による、サイバー・パンク・ニンジャ・アクション小説シリーズである(訳:本兌有、杉ライカ/エンターブレイン発行)。
舞台は近未来のニッポン・ネオサイタマ。そこは重金属酸性雨が降りしきる資本主義産業社会の成れの果て、マッポーの世で、悪のニンジャ組織ソウカイ・シンジケートに妻子を殺されたニンジャスレイヤー、フジキドケンジが敢然と戦いを挑む。ツイッター小説なので、140字程度で1行空きになる。

読者諸兄は、クラウン アスリートSのことを知りたい、ニンジャスレイヤーのことなんかどうでもよい、と思われていることでしょう。ドーモ、スイマセン。これは先代林家三平。ニンジャスレイヤーの世界では、戦いを始める前に必ず、合掌してあいさつをしなければならない。
「ドーモ。ニンジャスレイヤーです」

Slayerとはキラーのことである。「ニンジャ……殺すべし!」。一方、クラウン アスリートSは、私の目にはこう見えるのである。クラウンスレイヤー!

「いまを変えるために生まれた」
「挑め」
「これからを受けて立て」
「変化を恐れるな。それは力となるのだから」
「強さとは、誰かに決められるものではない」

2012年末に発売となった14代目クラウンのカタログは、このようなアジテーションで彩られている。

フロントには、車名でもある王冠のエンブレムを装着。エッジの立った大きなエンブレムも、王冠の形をモチーフにデザインされている。
フロントには、車名でもある王冠のエンブレムを装着。エッジの立った大きなエンブレムも、王冠の形をモチーフにデザインされている。
「アスリート」シリーズの一部グレードでは、ブラックのほか、“テラロッサ”と呼ばれる赤いシート地も選択できる。
「アスリート」シリーズの一部グレードでは、ブラックのほか、“テラロッサ”と呼ばれる赤いシート地も選択できる。
ホイールは、標準で写真の18インチアルミホイールとなる。光沢のある「スパッタリング塗装」が施される。
ホイールは、標準で写真の18インチアルミホイールとなる。光沢のある「スパッタリング塗装」が施される。
リアビュー。円形のパターンを持つリアコンビランプは、直線基調の「ロイヤル」シリーズとの識別点である。
リアビュー。円形のパターンを持つリアコンビランプは、直線基調の「ロイヤル」シリーズとの識別点である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン アスリートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る