第179回:上海モーターショーの読み解き方
巨大ショーを取材して感じたこと

2013.04.25 エッセイ
上海ショー2013の会期は4月20日から4月29日まで。一般公開日は4月23日から29日までの7日間。プレスデイは4月20のみ。
上海ショー2013の会期は4月20日から4月29日まで。一般公開日は4月23日から29日までの7日間。プレスデイは4月20のみ。

2001年の落成時には、わずか4ホールしかなかった上海新国際博覧中心。この展示場は中国の経済発展とともに拡大し、2012年に17ホールのフル展示態勢を整えて、第15回上海モーターショーの開催に備えた。そこで筆者が感じたものは……。巨大モーターショー取材歩きの記。

会場の上海新国際博覧中心(略称:SNIEC)。中国とドイツの合弁による総合展示場で、2012年2月に現在の17展示場態勢になった。(写真=SNIEC)
会場の上海新国際博覧中心(略称:SNIEC)。中国とドイツの合弁による総合展示場で、2012年2月に現在の17展示場態勢になった。(写真=SNIEC)
センターの俯瞰(ふかん)図。E、W、Nの展示場群が三角形を構成している。(写真=SNIEC)
センターの俯瞰(ふかん)図。E、W、Nの展示場群が三角形を構成している。(写真=SNIEC)

第179回:上海モーターショーの読み解き方巨大ショーを取材して感じたことの画像

波乱の1日間

インタビューした上海GMキャデラックディビジョンのゼネラルディレクター、ケビン・チェン氏が力説していた。 「今年の上海モーターショーの入場者数は、おそらく85万人を超えるだろう」

モーターショーが行われる「上海新国際博覧中心」は浦東地区にある。よく日本のテレビで「発展する中国」などと紹介される際のイメージ画像で用いられる一帯、つまり川のほとりの超高層ビルと球体を串刺しにしたようなテレビ塔がある地区から、7、8kmぐらい離れた新開地だ。コンベンションセンター、ホテル、ショッピングセンターなどが建っている。

コンベンションセンターは巨大だ。17ものパビリオンが三角形状に並んで建ち、その内側の敷地中心にもトラックメーカーやパーツメーカーのテント展示が所狭しと並んでいる。

自動車メーカーは17のパビリオンの中に出展しており、その総数は約100社といわれている。ややこしいのは、中国のメーカーが単独で展開している場合があれば、同時に外国のメーカーとともに展開している場合もあることだ。日本のメーカーも複数の中国メーカーと提携している。
フェラーリやベントレー、ポルシェのような少数生産メーカーは、それには当てはまらないからわかりやすいのだが、提携があるメーカー同士の相関図は、すぐには飲み込みにくい。

プレスデイは4月20日だけだったので、プレスカンファレンス(記者会見)は重複する。だから当然、すべてに出席することは不可能だ。 あとからブースを訪れても、メーカーのブースでは英語を解さない担当者もいるので、取材は思うようにはかどらない。いきおい、展示車を見ただけで判断しなければならない割合が高くなってしまう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ