「BMW M3クーペ」にDTM優勝記念モデル

2013.04.30 自動車ニュース
「BMW M3クーペ DTMチャンピオンエディション」
「BMW M3クーペ DTMチャンピオンエディション」

「BMW M3クーペ」に10台限定のDTM優勝記念モデルが登場

BMWジャパンは2013年4月28日、「BMW M3クーペ」にDTM(ドイツ・ツーリング・カー選手権)シリーズ優勝を記念した限定モデル「DTMチャンピオンエディション」を設定し、日本に導入すると発表した。

 
「BMW M3クーペ」にDTM優勝記念モデルの画像
 
「BMW M3クーペ」にDTM優勝記念モデルの画像
 
「BMW M3クーペ」にDTM優勝記念モデルの画像

今回の特別仕様車は、BMWモータースポーツが約20年ぶりに参戦した2012年シーズンのDTMにおいて、ドライバーズタイトル、チームタイトル、マニュファクチャラータイトルの3部門においてシリーズチャンピオンに輝いたことを記念したモデルである。販売台数は、これまでBMWモータースポーツがDTMで重ねた勝利数と同じ世界限定54台。このうち日本へは、右ハンドル仕様車5台、左ハンドル仕様車5台の計10台が導入される。

内外装は、2012年のDTMにおいてドライバーズタイトルを獲得した「BMWチーム・シュニッツァー」のブルーノ・スペングラー選手のレースカーをモチーフに仕立てられている。

ボディーカラーはマット仕上げのフローズン・ブラック・メタリックで、マットブラック仕上げの19インチMライト・アロイホイールや、カーボンファイバー製のフロントスプリッター、リアトランクスポイラーなどを装備。またカーボンルーフからトランクリッドにかけて、Mストライプのステッカーを施している。

一方インテリアには、専用アルカンタラ仕上げのステアリングホイールやパーキングブレーキレバー、ブルーノ・スペングラー選手のヘルメットデザインをイメージした専用のドアシルプレートを特別装備。インテリアトリムもカーボンファイバー製で、ブルーノ・スペングラー選手のサインや世界54台の限定モデルであることを示すシリアルナンバーなどをあしらっている。

このほかにも、ダンパーの減衰力や車速感応式パワーステアリングのアシスト量、7段セミATのシフトタイミングなどをドライバーの好みに合わせてプログラムできる「Mドライブ」を標準装備。価格はベース車から195万円高の1263万円となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る