「プジョー207」シリーズに恒例の特別仕様車

2012.03.22 自動車ニュース
「プジョー207スポーティアム」
「プジョー207」シリーズに2つの特別仕様車

「プジョー207」シリーズに恒例の特別仕様車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年3月22日、プジョーのコンパクトモデル「207」シリーズのエントリーグレード「207 Style(スタイル)」「207SW Style」をベースに、スポーティーな装備を追加した特別仕様車「207 Sportium(スポーティアム)」「207SW Sportium」を設定し発売した。

「プジョー207SWスポーティアム」
「プジョー207」シリーズに2つの特別仕様車

「207スポーティアム」は、2010年に170台2011年に300台の限定車として販売されたモデル。今回は、一部装備が追加・変更されたほか、「207SW」にも同様の装備を施した特別仕様車が設定された。「207スポーティアム」には約19万円、「207SWスポーティアム」には約17万円相当の装備を追加しながらベースモデル据え置きの価格設定となっている。

特別装備の内容は以下のとおり
●エクステリア
・17インチアロイホイール「ホッケンハイム」/205/45R17タイヤ(207スポーティアム)
・16インチアロイホイール「エストリル」/195/55R16タイヤ(207SWスポーティアム)
・「Sportium」エンブレム(左右フロントドア)
・バックソナー
・スーパーティンテッド・リアサイド&リアガラス

●インテリア
・革巻きスポーツステアリング
・クルーズコントロール/スピードリミッター
・アルミペダル&フロントドアステップガード
・照明付きバニティミラー
・フロアマット

いずれもパワートレインに変更はなく、1.6リッター直列4気筒エンジンに4段ATの組み合わせ。ボディーカラーは、ビアンカ・ホワイト、シャーク・グレー、オブシディアン・ブラック、アデン・レッド、オアシス・ブルーの全5色が用意される。

価格は、207スポーティアムが199万円、207SWスポーティアムは225万円。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る