MINIクーパーS ペースマン ALL4(4WD/6AT)

感性で選ぶクルマ 2013.05.16 試乗記 今や7種類ものボディータイプをそろえる大所帯の「MINI」ファミリーから、今回は最新モデルの「ペースマン」に試乗。クーペ×SUVという、一族きっての個性派の魅力を探った。

名前は「MINI」でも大家族

なんとまあ、MINIの増殖ぶりには開いた口がふさがらない。
ほんの10年ちょっと前、まず3ドアハッチバックで始まった「往年の名曲カバー作戦」だが、4座カブリオレ、モデルチェンジを挟んで変則4ドアの「クラブマン」、2座の「クーペ」と「ロードスター」、本格5ドアの「クロスオーバー」、そして今度は「ペースマン(Paceman)」ときた。
基本のプラットフォームさえあれば、どんな展開も可能なのが現代のクルマ界とはいえ、こんなに矢継ぎ早では、商品企画担当者、ほとんど不眠不休に違いない。乗ってみると、互いに似ているのに、けっこう車種ごとに手触りも異なるから、技術部門も不眠不休なのだろう。

今回ここでテストしたのは、新しいペースマンのうち「クーパーS ALL4」。その名の通りフルタイム4WD、つまりクロスオーバーから始まったパワートレインの持ち主だ。というか、クロスオーバーのボディーを3ドアハッチバック風に仕立て直し、全高を4cm下げたほか、乗車定員を4人に限定(クロスオーバーも基本は4人だが、オプションで5人乗り仕様もある)した、ちょっとぜいたくなハコ型クーペ。価格帯も少しだけ高く、クロスオーバーの267.2万円(「ONE」のMT)~386万円(「クーパーS ALL4」のAT)に対し、ペースマンはベーシックなONEがなく312.2万円(クーパー)~396万円(クーパーS ALL4)に設定されている。

もともとゴチャゴチャいろいろなものが並ぶMINIのインテリアだが、クロスオーバーにも増して「これでもMINIか」と目を疑うほど質感が高く、多種多様なオプションもそろっているのがペースマン。大きさこそ違うものの、存在の空気感としては「レンジローバー イヴォーク」(の3ドア)を思わせるところも多い。何でもこなせるメカニズムを持ちながら、実質的にはどこまでも前席最優先のパーソナルカーというわけだ。
それ自体たっぷり大きく、クッションも分厚い後席の座り心地は上々だが、ドライバーが楽な運転姿勢を取った後ろでは膝がつっかえ気味だし、そもそも前席をドッコイショと倒しての乗り降りは楽ではないというより屈辱的だ。この種のボディーの常としてドアも大きく、アウターハンドル部で前後長130cmを超えるだけでなく、大きく開けるとサイドシルから117cmも張り出すから、余裕のない駐車場では使いにくい。そんなことを気にせずにすむ富裕層が、テールゲートから無造作に遊び道具など放り込んで、週末を楽しみに行くというイメージが似合う。

MINIのインテリアといえば、多彩な色と素材のバリエーションも魅力。今回のテスト車は、カーボンブラックの内装色にピアノブラックのサーフェイスの組み合わせだった。
MINIのインテリアといえば、多彩な色と素材のバリエーションも魅力。今回のテスト車は、カーボンブラックの内装色にピアノブラックのサーフェイスの組み合わせだった。
テスト車はオプションの「レザーラウンジシート」を装着。
テスト車はオプションの「レザーラウンジシート」を装着。
独立2座のリアシートはご覧の通りの立派な造り。ただ、実際に座ると膝まわりがやや窮屈。
独立2座のリアシートはご覧の通りの立派な造り。ただ、実際に座ると膝まわりがやや窮屈。
荷室の広さは、後席を起こした状態で330リッター。リアシートは分割可倒式だが、倒しても床面とフラットにはならない。(クリックするとシートの倒れる様子が見られます)
荷室の広さは、後席を起こした状態で330リッター。リアシートは分割可倒式だが、倒しても床面とフラットにはならない。(クリックするとシートの倒れる様子が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIペースマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る