三菱、新型車「ミラージュ」をタイで発売

2012.03.22 自動車ニュース

三菱、新型車「ミラージュ」をタイで発売

三菱自動車は2012年3月20日、タイで生産する新型コンパクトカー「MIRAGE(ミラージュ)」を、同国で3月28日に発売すると発表した。

新型「ミラージュ」は、「新興国におけるエントリーカー、成熟国における環境対応車という双方のニーズを一つの商品として具現した」(プレスリリース)とうたわれるグローバルコンパクトカー。生産は、ミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場に新たに建設された第3工場で行われ、国産車並みの品質を保つため、日本人検査員が駐在し、出荷前には全数検査も実施されるという。

タイでの販売価格は38万〜54万6000バーツ(約103万〜148万円)で、販売目標は月2000台を計画。タイを皮切りに、ASEAN諸国や日本、欧州各国で順次販売される。日本での発売は2012年夏を予定している。

今回発表された「ミラージュ」のタイ仕様は、新開発の1.2リッターMIVECエンジンを搭載し、22km/リッターの燃費(ECE R101モード)を達成している。

(webCG)

「ミラージュ」
「ミラージュ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • 三菱ミラージュ【開発者インタビュー】 2012.8.29 試乗記 <開発者インタビュー>
    片桐幸男さん
    三菱自動車工業
    グローバルスモールプロジェクト推進本部 プロジェクト推進部長
    兼 商品戦略本部 A&B-seg商品開発プロジェクト プロジェクトマネージャー

    「まじめ、まじめ、まじめ」な「コルト」が去って、「低燃費、低価格、コンパクト」な「ミラージュ」がやってきた。小さなボディーに込められた開発陣の思いは?
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • 三菱ミラージュM(FF/CVT)【試乗記】 2012.9.3 試乗記 三菱ミラージュM(FF/CVT)
    ……118万8000円

    「低燃費」「低価格」「扱いやすさ」をテーマに、懐かしい車名が復活した。新興国ではエントリーカーの役目を負う新型「ミラージュ」が、ここ“飽食のマーケット”ではどう映ったか?
ホームへ戻る