ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/6AT)

賢い馬に乗っているよう 2013.05.07 試乗記 ボルボのプレミアムハッチバック「V40」に追加された、直列5気筒2リッターターボエンジンを搭載する4WDモデル「クロスカントリー T5 AWD」を軽井沢で試乗した。

アクティブな上級仕様

このたび登場した「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」をひと言で説明すれば、車高が30mm高い「ボルボV40」である。メカニズム的には213psを発生する直列5気筒エンジンと6段ATを組み合わせ、4輪を駆動する。
ここでボルボV40ファミリーのラインナップをおさらいすると、ベーシック仕様が4気筒1.6リッターターボ(180ps)を積むFFの「T4」(269万円)と「T4 SE」(309万円)、スポーティー仕様が5気筒2リッターターボ(213ps)を積むFFの「T5 R-DESIGN」(399万円)となる。

したがって今回追加されたV40クロスカントリー T5 AWDは、アウトドアアクティビティーを楽しむようなライフスタイルを持つ人に向けたアクティブ上級仕様といったところ。単に車高が高くなっているだけでなく、ハニカムメッシュパターンのフロントグリルや前後バンパーのSUV的な力強いデザイン処理、それにルーフレールなどで、「遊びに行くぞ−!」的な雰囲気を醸している。

2トーンのインテリアが選べるのもV40クロスカントリーだけの特典で、試乗車はエスプレッソブラウン×ブロンドというしゃれた配色。このカラーリングだけで「フツーのV40よりクロスカントリーがいいかも」と思わせるぐらい魅力的だ。ここに褐色のアルミ製フローティングセンタースタックが組み合わされ、清潔で、しかもぬくもりも感じさせるインテリアが完成する。

エンジンを始動して軽井沢周辺のワインディングロードを走ってアタマに浮かんだのは「三上」という言葉だ。これは11世紀の中国の文学者である欧陽 脩の言葉で、「みかみ」ではなく「さんじょう」と読む。
どんな意味の言葉かといえば、いい考えがひらめくのは馬の上、厠の上、枕の上の「三上」なのだという。
中でも、馬に乗っている時にいい考えがひらめくというのは、クルマにも通じるのではないかと私はニラんだ。で、脳科学や心理学を研究する人にお会いする機会に恵まれると、「馬上でグッドアイデアが生まれる理由」を尋ねた。

「V40クロスカントリー」には専用のルーフレールが標準で装備される。「パノラマ・ガラスルーフ」(18万円)はオプション。
テスト車には写真の「サイド・スカッフプレート」と「リア・デコトリム」「スキッドプレート」「リアバンパー」「ダブルエンドパイプ」がセットになった販売店装着オプションの「エクステリア・スタイリング・キット」(15万7185円)が装着されていた。
試乗会場となった軽井沢付近は、4月下旬にもかかわらず路外に雪の残るコンディションだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40クロスカントリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る