マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)/アテンザセダンXD Lパッケージ(FF/6AT)

新たな流れの始まり 2013.05.08 試乗記 好調なセールスが伝えられる、3代目「マツダ・アテンザ」。その走りっぷりを、九州・鹿児島のワインディングロードで確かめた。
 
アンダーボディーにいたるまで空力性能を作りこんだという、新型「アテンザセダン」のサイドビュー。
アンダーボディーにいたるまで空力性能を作りこんだという、新型「アテンザセダン」のサイドビュー。
インテリアのデザインテーマは“スッキリ感”。ドアトリムからインストゥルメントパネルまでつながるラインなどが、こだわりのポイントだ。
インテリアのデザインテーマは“スッキリ感”。ドアトリムからインストゥルメントパネルまでつながるラインなどが、こだわりのポイントだ。
後席の様子。居住性を向上させるべく、先代モデル比で座面は24mm、背もたれは28mm延長されている。
後席の様子。居住性を向上させるべく、先代モデル比で座面は24mm、背もたれは28mm延長されている。
“薩摩の小京都”と呼ばれる、知覧の武家屋敷を行く。ボディーカラーは、セダン、ワゴンともに写真の「ソウルレッドプレミアムメタリック」を含む7色が用意される。
“薩摩の小京都”と呼ばれる、知覧の武家屋敷を行く。ボディーカラーは、セダン、ワゴンともに写真の「ソウルレッドプレミアムメタリック」を含む7色が用意される。

大きくてハンサム

鹿児島で「マツダ・アテンザ」のプレス試乗会が開かれた。国内での発売から約3カ月で1万2000台。目標台数の4倍ものセールスを記録したことを受け、アテンザの良さをダメ押し、否、再確認してもらうための、いわば“アンコール”試乗会である。

鹿児島空港そばの駐車場には、セダン、ワゴン、2リッター直4ガソリン、2.5リッター直4ガソリン、2.2リッターディーゼルターボの6ATと6MT――さまざまなアテンザが用意された。
アテンザワゴンもスポーティーでいいが、ことにセダンはハンサムなクルマだ。デザインオリジンは、ご存じの通り、2011年の東京モーターショーで披露されたコンセプトモデル「雄(TAKERI)」。

りゅうとした二枚目なルックスはカッコいいが、車両寸法は、全長4860mm、全幅1840mmと意外に大きい。特に「トヨタ・クラウン」をしのぐ幅の広さは、例えば東京都内の古い住宅地では、少々持てあます。このボディーサイズについて、マツダの開発関係者から、「デザイナーにのびのびと仕事をしてもらったため」という趣旨の説明を受けたが、実際は、主戦場たる中国、北米市場をにらんだ結果だろう。マツダのデザイン陣は、むしろ「この大きさにして、よくぞ間延びさせなかった」と称賛されるべきだ。

さて、今回の試乗コースは、「指宿スカイライン」こと鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線。プレス試乗会でよく使われる場所で、適度なアップダウンと気持ちのよいカーブが続く、素晴らしい道である。

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)【試乗記】 2012.12.29 試乗記 マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)
    ……313万6500円/280万9750円

    「SKYACTIV(スカイアクティブ)」テクノロジーと「魂動(こどう)」デザインを採用し、生まれ変わった新型「アテンザ」。マツダの新たなフラッグシップモデルの実力を、まずはガソリンエンジン搭載車で試した。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
ホームへ戻る