マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)/アテンザセダンXD Lパッケージ(FF/6AT)

新たな流れの始まり 2013.05.08 試乗記 好調なセールスが伝えられる、3代目「マツダ・アテンザ」。その走りっぷりを、九州・鹿児島のワインディングロードで確かめた。
 
アンダーボディーにいたるまで空力性能を作りこんだという、新型「アテンザセダン」のサイドビュー。
アンダーボディーにいたるまで空力性能を作りこんだという、新型「アテンザセダン」のサイドビュー。
インテリアのデザインテーマは“スッキリ感”。ドアトリムからインストゥルメントパネルまでつながるラインなどが、こだわりのポイントだ。
インテリアのデザインテーマは“スッキリ感”。ドアトリムからインストゥルメントパネルまでつながるラインなどが、こだわりのポイントだ。
後席の様子。居住性を向上させるべく、先代モデル比で座面は24mm、背もたれは28mm延長されている。
後席の様子。居住性を向上させるべく、先代モデル比で座面は24mm、背もたれは28mm延長されている。
“薩摩の小京都”と呼ばれる、知覧の武家屋敷を行く。ボディーカラーは、セダン、ワゴンともに写真の「ソウルレッドプレミアムメタリック」を含む7色が用意される。
“薩摩の小京都”と呼ばれる、知覧の武家屋敷を行く。ボディーカラーは、セダン、ワゴンともに写真の「ソウルレッドプレミアムメタリック」を含む7色が用意される。

大きくてハンサム

鹿児島で「マツダ・アテンザ」のプレス試乗会が開かれた。国内での発売から約3カ月で1万2000台。目標台数の4倍ものセールスを記録したことを受け、アテンザの良さをダメ押し、否、再確認してもらうための、いわば“アンコール”試乗会である。

鹿児島空港そばの駐車場には、セダン、ワゴン、2リッター直4ガソリン、2.5リッター直4ガソリン、2.2リッターディーゼルターボの6ATと6MT――さまざまなアテンザが用意された。
アテンザワゴンもスポーティーでいいが、ことにセダンはハンサムなクルマだ。デザインオリジンは、ご存じの通り、2011年の東京モーターショーで披露されたコンセプトモデル「雄(TAKERI)」。

りゅうとした二枚目なルックスはカッコいいが、車両寸法は、全長4860mm、全幅1840mmと意外に大きい。特に「トヨタ・クラウン」をしのぐ幅の広さは、例えば東京都内の古い住宅地では、少々持てあます。このボディーサイズについて、マツダの開発関係者から、「デザイナーにのびのびと仕事をしてもらったため」という趣旨の説明を受けたが、実際は、主戦場たる中国、北米市場をにらんだ結果だろう。マツダのデザイン陣は、むしろ「この大きさにして、よくぞ間延びさせなかった」と称賛されるべきだ。

さて、今回の試乗コースは、「指宿スカイライン」こと鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線。プレス試乗会でよく使われる場所で、適度なアップダウンと気持ちのよいカーブが続く、素晴らしい道である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る