プジョー208アリュール(FF/5MT)

帰ってきた「いいクルマ」 2013.05.13 試乗記 シリーズ唯一の3気筒エンジンに、3ペダルの5段MT。プジョーが放つ、こだわりのコンパクトハッチバック「208アリュール」の走りを試した。

“実”のある個性

「208」は、全長が4mを切るコンパクトサイズでありながら、プジョーの最も重要なモデル、いわゆる基幹モデルである。ご先祖の「205」が大成功をおさめ今のプジョーの礎を築いたという歴史を引き継ぐ最新型であり、小さいからといって安易に手抜きをすることのないクルマづくりが見て取れる。これこそ、プジョーの信条であり、良心である。

208の3ドアモデルとしては、「アリュール」と「GT」の2車種が用意されるが、立派なスポーツシートは、ともに同じものが使われている。それも手伝って、先代「207」より幅が広がった室内にいると、上位モデルの「308」や「508」とさほど変わらぬ居住感覚が得られる。この辺は、「ヴィッツ」や「フィット」など国内事情を反映した小型車とは異なるところで、しかも輸入車にして199万円という価格設定を考えるならば、望外のお買い得と言えるだろう。

ステアリングホイールの頭越しに眺める特徴的な計器類も、視認性はよろしい。運転中の前方視界から目を移した際もピント合わせは容易で、視覚的な速度と計器上の数値を頭の中で管理しやすい。おかげで、肩をシートバックに預けて理想的な運転姿勢を維持できるから、正確な操舵(そうだ)も可能となる。
また相対的にステアリングホイールが下方にあるおかげで、腕の位置も下がり、疲れが軽減される。実際に長時間運転してみても、疲れにくいことは実感できた。

新しい1.2リッター3気筒エンジンは、音質こそ4気筒とは異なるが、振動については、教えられなければ3気筒とは分からないほど抑えられている。パワーの出方は、この排気量にしてはトルク感に満ちたもので、きちんと回して使えばそれなりに速いが、上り坂でハイパフォーマンスカーを追い回せるほどではない。
3速、4速で高回転域に入る速度帯ともなれば、結構小気味よいレスポンスも得られる。ただ、そうした絶対的な速さではなく、純粋な走行感覚として――あえて上位モデルの「GT」を選ばずとも――スポーティーな運転を楽しめるレベルにある。

日本市場では2012年12月に発売された「プジョー208アリュール」。4気筒エンジンを積む他の「208」と異なり、唯一3気筒ユニットを搭載する。
サイドサポートが盛り上がった、スポーティーなフロントシート。表皮は、ファブリックとテップレザー(人工皮革)のコンビタイプ。
運転席からの眺め。ヘッドアップディスプレイをヒントに開発したという計器盤は、ステアリングホイール上方より見ることになる。
ダッシュボードの中央部には、カーオーディオやBluetoothハンズブリーキット、トリップコンピューターの設定などを行うための、7インチの液晶タッチパネルが鎮座する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る