日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈

2013.05.07 自動車ニュース
ウサイン・ボルト選手とゴールドの「日産GT-R」
ウサイン・ボルト選手とゴールドの「日産GT-R」

日産がウサイン・ボルト選手にゴールドの「GT-R」を贈呈

日産自動車は2013年5月5日、オリンピックの金メダリストであるウサイン・ボルト選手に、ゴールドのカラーリングを施した「日産GT-R」を贈呈した。


日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈の画像
日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏から、「GT-R」のキーを受け取るボルト選手。
日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏から、「GT-R」のキーを受け取るボルト選手。

日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈の画像

ボルト選手は、2008年の北京と2012年のロンドンオリンピックで計6個の金メダルを獲得したジャマイカの陸上選手であり、「GT-R」のブランドアンバサダーとして、日産ブランドの認知を高める役割を果たしてきた。

また2012年10月には横浜市の日産本社を訪問。来日イベントで披露されたゴールドのGT-Rはチャリティーオークションに出品され、その収益はすべて慈善活動のためにウサイン・ボルト財団に寄付された。

今回ボルト選手に贈呈されたGT-Rは、2013年モデルをベースに、ボルト選手のテストドライブのデータをもとに専用のチューニングを施したものである。

内外装についても、華やかなホワイトのインテリアやBOSE製オーディオシステム、ハイパーチタニウムカラーコートを施したRAYSの10本スポーク鍛造アルミホイールなどを採用。これらの仕様はいずれもボルト選手自身が選んだものとなっている。

贈呈式はボルト選手がトレーニングを行うジャマイカのホームトラックで行われ、日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏からゴールドのGT-Rのキーが手渡された。

なお、ゴールドでカラーリングされたGT-Rは世界に2台のみ。1台は今回ボルト選手に納車されたもの。もう1台は前述のチャリティーオークションに出品されたもので、落札者には2013年夏ごろに納車される予定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る