日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈

2013.05.07 自動車ニュース
ウサイン・ボルト選手とゴールドの「日産GT-R」
ウサイン・ボルト選手とゴールドの「日産GT-R」 拡大

日産がウサイン・ボルト選手にゴールドの「GT-R」を贈呈

日産自動車は2013年5月5日、オリンピックの金メダリストであるウサイン・ボルト選手に、ゴールドのカラーリングを施した「日産GT-R」を贈呈した。


日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈の画像 拡大
日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏から、「GT-R」のキーを受け取るボルト選手。
日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏から、「GT-R」のキーを受け取るボルト選手。 拡大

日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈の画像 拡大

ボルト選手は、2008年の北京と2012年のロンドンオリンピックで計6個の金メダルを獲得したジャマイカの陸上選手であり、「GT-R」のブランドアンバサダーとして、日産ブランドの認知を高める役割を果たしてきた。

また2012年10月には横浜市の日産本社を訪問。来日イベントで披露されたゴールドのGT-Rはチャリティーオークションに出品され、その収益はすべて慈善活動のためにウサイン・ボルト財団に寄付された。

今回ボルト選手に贈呈されたGT-Rは、2013年モデルをベースに、ボルト選手のテストドライブのデータをもとに専用のチューニングを施したものである。

内外装についても、華やかなホワイトのインテリアやBOSE製オーディオシステム、ハイパーチタニウムカラーコートを施したRAYSの10本スポーク鍛造アルミホイールなどを採用。これらの仕様はいずれもボルト選手自身が選んだものとなっている。

贈呈式はボルト選手がトレーニングを行うジャマイカのホームトラックで行われ、日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏からゴールドのGT-Rのキーが手渡された。

なお、ゴールドでカラーリングされたGT-Rは世界に2台のみ。1台は今回ボルト選手に納車されたもの。もう1台は前述のチャリティーオークションに出品されたもので、落札者には2013年夏ごろに納車される予定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る