ナビアプリ「NAVIelite」がAndroid携帯に対応

2012.03.22 自動車ニュース

カーナビアプリ「NAVIelite」がAndroid携帯に対応

アイシン・エィ・ダブリュは、Android(アンドロイド)OS搭載携帯電話用のカーナビアプリケーション「NAVIelite(ナビエリート)」を2012年3月26日に発売する。

「NAVIelite」は、スマートフォンで使えるカーナビのアプリケーション。2011年1月の発売以来、アップル社の「iPhone」シリーズで使えるサービスとしてアップデートを重ねてきたが、今回新たに、Android(アンドロイド)OS搭載携帯電話向けのバージョンがリリースされることとなった。

カーナビとしての基本的な機能は、同社が手がけるトヨタ車純正ナビなどに順ずるもので、「走行車線案内機能やリアルタイムな渋滞情報も提供できる、本格的なカーナビアプリケーションである」(プレスリリース)のがウリ。地図データには交差点などの詳細な情報が含まれ、通信ができない場所でも、目的地検索やルート設定、ルート案内などの機能を使うことができる。

新規対応機種は、以下のとおり。

【NTTドコモ】
・GALAXY S SC-02B
・Xperia arc SO-01C
・AQUOS PHONE SH-12C
・GALAXY S II SC-02C
・MEDIAS WP
・N-06C
・F-12C
・AQUOS PHONE f SH-13C
・Xperia acro SO-02C
・GALAXY S II LTE SC-03D

【au】
・AQUOS PHONE IS11SH
・Xperia acro IS11S
・AQUOS PHONE IS12SH
・INFOBAR A01
・G'zOne IS11CA
・REGZA Phone IS11T
・htc EVO 3D ISW12HT
・MOTOROLA PHOTON ISW11M
・AQUOS PHONE IS13SH
・DIGNO ISW11K

【SoftBank】
・AQUOS PHONE 006SH

※「Android OS 2.3.3」以降に対応(Android OS3及びOS4を除く)

アプリケーションの価格は3800円。購入日から1年間利用できる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。