ボルボV40クロスカントリー T5 AWD、発売

2013.05.07 自動車ニュース
ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(写真は欧州仕様車)
ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(写真は欧州仕様車) 拡大

「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2013年5月7日、新型ハッチバックモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」の販売を開始した。

 

ボルボの「V40クロスカントリー T5 AWD」は、2013年2月に発売されたコンパクトハッチバック「V40」の派生モデル。
アウトドアテイストを散りばめた外観が特徴で、具体的には、専用デザインのバンパーやスキッドプレート、ハニカムメッシュタイプのグリル、ルーフレールなどを装備する。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4370×1800×1470mm。ノーマルの「V40」より30mm背の高いSUV風のルックスながら、多くのタワーパーキングに対応できる点も、セリングポイントとなっている。

エンジンは、213ps/6000rpmと30.6kgm/2700-5000rpmを発生する2リッター直5ターボのみ。6段ATを介して4輪を駆動する。アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生機構も備わり、燃費(JC08モード)は12.4km/リッターを記録する。

安全装備も充実しており、前方の障害物を感知して衝突を未然に回避、または衝突被害を軽減する安全装備「シティ・セーフティ」が標準で備わるほか、歩行者を検知できる自動ブレーキシステムなどのセットオプションや「歩行者エアバッグ」も用意される。

選べるボディーカラーは13色。価格はベーシックな「V40 T4」(269万円)よりも90万円高の359万円となっている。

(webCG)

→「ボルボV40 Cross Country T5 AWD」のさらに詳しい写真はこちら

関連キーワード:
V40クロスカントリーボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る