トヨタ・エスティマ仕様変更 特別仕様車も

2013.05.07 自動車ニュース
特別仕様車「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」
特別仕様車「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」

トヨタ・エスティマ仕様変更 特別仕様車も

トヨタ自動車は、ミニバン「エスティマ」シリーズの一部仕様を変更。併せて特別仕様車を設定し、2013年5月7日に発売した。

「エスティマハイブリッド アエラス」
「エスティマハイブリッド アエラス」

今回の仕様変更で、「エスティマ」シリーズ全車に、脱臭機能を追加したクリーンエアフィルターが与えられた。さらに、車両周辺の俯瞰(ふかん)映像を表示して安全運転をサポートする「パノラミックビューモニター」や、クリアランスソナー、バックソナーもオプション設定された。

「エスティマ」の価格は、「X」(2.4リッター/8人乗り)の275万円から「アエラス“レザーパッケージ”」(3.5リッター/7人乗り)の394万1000円まで。
「エスティマハイブリッド」の価格は、「X」(8人乗り)の379万円から「アエラス“レザーパッケージ”」(7人乗り)の507万円まで。

同時に特別仕様車「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」「エスティマハイブリッド アエラス“Premium Edition”」も発売された。
ベースモデルはそれぞれ「エスティマ アエラス」(2.4リッター/7人乗り)と「エスティマハイブリッド アエラス」(7人乗り)で、メッキで飾られるバックドアガーニッシュや、サテン調シルバー加飾モール付きのフロントドアアームレスト、各ドア部分のソフトレザートリムなどが特徴となっている。

価格は、「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」がベースモデルより8万円高の309万円で、「エスティマハイブリッド アエラス“Premium Edition”」は同3万8000円高の410万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る