モノクロームのオシャレな「アウディA1」登場

2013.05.08 自動車ニュース

 

「アウディA1スポーツバック Urban Style Limited」
「アウディA1スポーツバック Urban Style Limited」

「アウディA1スポーツバック」にモノクロームの特別限定車が登場

アウディ ジャパンは2013年5月8日、「A1スポーツバック」に200台限定の特別仕様車「Urban Style Limited(アーバンスタイルリミテッド)」を設定し、発売した。

 
モノクロームのオシャレな「アウディA1」登場の画像

今回の限定モデルは、「A1スポーツバック 1.4TFSIスポーツパッケージ」をベースに、ブラックアウトされたシングルフレームグリルや、スポーティーなルーフスポイラーなど、通常は設定のないスタイリングパーツを装備したものである。

ボディーカラーはグレイシアホワイト メタリックに、ブリリアントブラックのルーフという組み合わせのみ。具体的な特別装備の内容は、以下の通り。

・バイキセノンパッケージ(バイキセノンヘッドライト/自動ヘッドライトレンジコントロール/ヘッドライトウオッシャー/リアLEDコンビネーションランプ)
・グリル ブリリアントブラック(専用色)
・コントラストルーフ ブリリアントブラック(専用カラーコンビネーション)
・S-lineルーフスポイラー ブリリアントブラック(専用オプション)
・ルーフ同色ドアミラー ブリリアントブラック
・専用デコレーティブフィルム(透明つや消し)
・エアコン吹き出し口カラードスリープ グレイシアホワイト(専用色)
・専用スポーツシート(Herzklopfenクロス地)
・ボディー同色カバー付きアドバンスドキー(グレイシアホワイト)
・ 専用フロアマット(グレーパイピング+ホワイトステッチ)
・専用5アームデザインアルミホイール(7.5J×17、インナーリムハイグロスブラック仕様)+215/40R17 タイヤ

ハンドル位置は右のみ。価格はベース車より27万円高の、335万円となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.20 試乗記 その出来栄えはクラス最良? アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディ初の3気筒エンジンの実力を試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る