フォード・フォーカス Sport(FF/6AT)

玄人好み 2013.05.14 試乗記 およそ5年ぶりに日本上陸を果たした、フォードのハッチバック「フォーカス」に試乗。3代目となる新型の走りや、いかに?

「さまざまなこと思い出すフォーカスかな」

と、のっけからひどい字余りを呟(つぶや)いてしまうぐらい、「フォーカス」には懐かしい思い出が多い。例えば、途切れながらも延々と続くハドリアンウォールに沿って、丘を越え谷を下り、たどり着いたコッカマス。桂冠(けいかん)詩人ワーズワースの故郷として知られる湖水地方の外れの田舎町だが、ピーターラビットの世界に浸りに行ったわけではもちろんない。このカンブリア地方の小さな町にフォードのワークスラリー活動を請け負っていたMスポーツの本拠地があり、世界ラリー選手権にデビュー直後のフォーカスWRC(ワールドラリーカー)を製作するファクトリーを訪ねたことがあるのだ。その時は近くの森の中の峠道で、今は亡きコリン・マクレーの隣に乗せてもらった。鼻歌を歌いながら、イン側のタイヤを完全に空中に浮かせて(崖からはみ出して)コーナリングするマクレーに「いきなり何すんだ、コイツ」とビックリしたことを覚えている。
ドイツラリーの取材の際に、ベルギー国境近くのアウトバーンで、テスト中とおぼしきフォーカス(たぶん発売前の「RS」)3台と深夜に遭遇したこともある。ラリーの舞台であるモーゼル川流域はヨーロッパ・フォードの本拠地たるザールルイ工場から遠くない。その頃は『カーグラフィック』の長期テスト車として初期型「フォーカス1.6 GHIA(ギア)」に乗っていたこともあり、特徴的なテールランプが一糸乱れぬ隊列を組んで闇に消えて行くのを、親近感をもって見送ったものだ。

WRC取材の関係で市販モデルの発売前からフォーカスに接していたせいで、いつの間にか身びいきになっていた私からすれば、日本におけるフォーカスは過小評価されているようでどうにも歯がゆかった。そもそも1998年デビューのフォーカスは、それまでの「エスコート」を引き継ぐCセグメントの主力モデルであり、フォードの威信をかけて強敵「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と真っ向勝負する役目を負った意欲作。実際、一時はゴルフをしのぐほどのベストセラーにもなり、またヨーロッパと北米のカー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞した唯一のクルマでもある。要するに世界的に見ると非常にポピュラーなヒット作だったにもかかわらず、日本では2000年の導入当初に話題に上ったことを除けば、ご存じの通りローキーなまま。特に2005年にボディーがひと回り大きくなった2代目にモデルチェンジして間もなく、フォード・ジャパンが路線を変更して「エクスプローラー」や「マスタング」などアメリカ製モデルに集中し、セダン系がラインナップ落ちしてからは、ますます存在感が希薄になってしまっていた。


ボディーカラーは全6色。テスト車の赤(キャンディーレッド)のほか、白、黒、青、黄、銀の各色が選べる。
ドライバーを中心にデザインしたというインテリアの様子。左右独立式のオートエアコンや9スピーカーのプレミアムサウンドシステムが、標準で与えられる。
メータークラスター内の液晶画面には、外気温やシフトポジション、燃費情報のほか、エコドライブの達成度、運転アドバイスなども表示される。
荷室の容量は、316リッター。分割可倒式の後席を倒せば、1101リッターにまで拡大できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る