第295回:伝説の中国車「紅旗」が新世代に突入!
お金があっても買えないクルマ!?

2013.05.10 エッセイ

人民服は、もういない

中国・上海を歩く人々のファッションは、訪れるたびに洗練されていくのがわかる。YMO世代のボクは今でも中国というと、悲しいかな真っ先に人民服を想像してしまう。だが、今や上海でそれを着用しているのは「懐かしい姿で写真を撮ろう!」と叫びながら記念写真館の前で呼び込みをしているお姉さんだけである。

路上のクルマもしかりだ。昔の中国車など皆無である。
第294回の動画編をご覧いただければわかるように、今日この街の路上は、主に上海汽車(上汽)系の合弁会社である上海通用(上海GM)と上海大衆(上海VW)のクルマ、そして現地生産のドイツブランド車であふれている。

1958年8月、「紅旗」生産型第1号の「CA72-IE」型。エンジンは200馬力のV8。ラジエーターグリルは、扇を模したものである。なお、これ以前に、生産前に毛沢東主席の視察を受けた「CA71」と呼ばれる試作車も存在した。
1958年8月、「紅旗」生産型第1号の「CA72-IE」型。エンジンは200馬力のV8。ラジエーターグリルは、扇を模したものである。なお、これ以前に、生産前に毛沢東主席の視察を受けた「CA71」と呼ばれる試作車も存在した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。