メルセデス・ベンツCLS63 AMGに新モデル

2013.05.09 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCLS63 AMG S」と、「CLS63 AMG Sシューティングブレーク」。
「メルセデス・ベンツCLS63 AMG S」と、「CLS63 AMG Sシューティングブレーク」。

「メルセデス・ベンツCLS63 AMG」にさらなる高性能仕様と4WDモデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年5月9日、「CLS63 AMG」シリーズに、四輪駆動モデルの「AMG 4MATIC」と高性能モデルの「AMG S-Model」を追加し、販売を開始した。

「CLS63 AMG Sシューティングブレーク」
「CLS63 AMG Sシューティングブレーク」
「CLS63 AMG S」のインテリア。
「CLS63 AMG S」のインテリア。

AMG 4MATICとは、メルセデスAMG社が新たに開発した4WDシステムである。駆動力を4輪へ効果的に配分し、常に最適なトラクション性能を確保することを意図したもので、トルク配分は後輪重視の前:後=33:67に設定。ロッキングトルクを低めに設定することで、高速走行時のコーナリングやコーナー立ち上がりなど、走行時のいかなる状況でも高い操縦性と加速性能を実現しているという。

またAMG 4MATIC専用に開発された「3ステージESP」には、トルクベクトリングブレーキ機能を採用。アンダーステアを検知した場合、個々のホイールのブレーキ制御を行うことで、各輪のトルク配分を最適化し、常に正確な車両姿勢を維持するとされる。

一方AMG S-Modelは、従来の「AMGパフォーマンスパッケージ」装着車を超える高性能モデルとして開発されたもので、専用チューニングが施された5.5リッターV8ツインターボエンジンは最高出力585ps(430kW)、最大トルク81.6kgm(800Nm)を発生。スポーツドライビングに重点をおいて強化した「AMG RIDE CONTROL パフォーマンスサスペンション」や「AMGリミテッドスリップデフ」により、トラクション性能も高められている。

内外装も特別な仕立てとなっており、エクステリアにはカーボンパーツを随所に用いた「AMGカーボンパッケージ」や、「AMGレッドブレーキ・キャリパー」、チタニウムグレーでペイントされた専用デザインの19インチ鍛造アルミホイールなどを採用している。
一方インテリアにも、グリップ部にアルカンターラを採用した「AMGパフォーマンスステアリング」やブラックピアノラッカー仕上げの「AMGカーボンインテリアトリム」などが装備され、通常のAMGモデルとの差別化が図られている。

また新たなトップグレードとして、このAMG -Modelに先述の4MATICを組み合わせた「AMG S 4MATIC」を設定。0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を実現している。

これらの新グレードの追加に加え、既存の「CLS63 AMG」についても一部改良が実施された。具体的には、エンジンの最高出力を557ps(410kW)、最大トルクを81.6kgm(800Nm)と、それぞれ従来モデルから33ps、10.3kgm向上。ハンドル位置も左から右に変更されたほか(追加設定のAMG 4MATIC、AMG S 4MATICは左)、縦列駐車時のステアリング操作をサポートする「アクティブパーキングアシスト」が追加された。

ラインナップと価格は以下の通り。
・CLS63 AMG:1655万円
・CLS63 AMG 4MATIC:1685万円
・CLS63 AMG S:1915万円
・CLS63 AMG S 4MATIC:1930万円
・CLS63 AMG 4MATICシューティングブレーク:1710万円
・CLS63 AMG S 4MATICシューティングブレーク:1955万円

デリバリー開始は2013年9月ごろの予定。なお「CLS63 AMGシューティングブレーク」については、従来のモデルを継続販売。在庫がなくなり次第、一部改良を受けたモデルに切り替わる予定となっている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)【試乗記】 2015.2.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
ホームへ戻る