第51回:友を探してボルボで北へ―痛快マサラロードムービー!
『きっと、うまくいく』

2013.05.10 エッセイ

インド映画の時代がやってきた!

カレーはおいしい。その一点だけでもインドは尊敬に値すると思っていたけれど、これからは映画についても十分な敬意を払うことにしよう。『きっと、うまくいく』は、よくできたインド映画ではない。よくできた映画なのだ。いわゆる“マサラムービー”というと歌と踊りばかりと思われがちだが、新世代のボリウッドは大きな変化を遂げているらしい。この作品はインドで歴代興行収入ナンバーワンに輝いたばかりか、世界中でヒットしてハリウッドでのリメイクも決定している。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』があまりにも強烈だったので、日本におけるインド映画のイメージが定着してしまった。昨年この欄で取り上げた『ロボット』も、主演が同じラジニカーントだったこともあり、似たようなものだった。サービス精神にあふれたエンターテインメントでめちゃめちゃ楽しいが、それ以上でもそれ以下でもない。
インド映画に対する見方が変わってきたのは、2008年の『スラムドッグ・ミリオネア』からだろう。ダニー・ボイルが監督したイギリス映画ではあるものの、原作と舞台はインドでラストには歌と踊りもあった。今年公開されたアン・リー監督の『ライフ・オブ・パイ』も、インドの物語である。いずれも世界的に評価の高い映画だ。

資金面でも、インドの存在感は上がっている。スティーブン・スピルバーグの映画制作会社ドリームワークスは、資金難に陥って昨年インドの会社から巨額の資金提供を受けた。そもそもインドの年間映画製作本数は1200本を超えていて、ハリウッドの約2倍なのだ。50年代、60年代の日本がそうであったように、経済発展は映画の出来にそのまま現れる。日本の後に香港、中国、韓国ときて、波はインドまで押し寄せてきた。

© Vinod Chopra Films Pvt Ltd 2009. All rights reserved
© Vinod Chopra Films Pvt Ltd 2009. All rights reserved

第51回:友を探してボルボで北へ―痛快マサラロードムービー!『きっと、うまくいく』の画像

第51回:友を探してボルボで北へ―痛快マサラロードムービー!『きっと、うまくいく』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。