ボルボV40 開発者インタビュー

スウェーデンのオリジンを打ち出した 2013.05.16 試乗記 ボルボ・カー・グループ
プロダクトストラテジー&ビークルマネジメント
ビークルライン ディレクター
ホーカン・エイブラハムソンさん

デビュー2カ月で約4000台が日本国内で販売された新型「ボルボV40」。大健闘ともいえる人気の秘密はどこにあるのか、開発者のホーカン・エイブラハムソン氏に話を聞いた。

背景には人を思いやるスウェーデンの風土が

ホーカン・エイブラハムソンさんは、「ボルボV40/V40クロスカントリー」を含むボルボのCセグメント全般の開発のまとめ役を務めている。Cセグメントとは、わかりやすく言えば「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」などが属するセグメント。ホーカンさんは、各国の主力商品がしのぎを削る激戦区で戦う男だ。
と、初対面にもかかわらずファーストネームでお呼びしてしまったけれど、そうしたくなるほど温かい人柄の方である。ふんわりやさしくて、知的で、ボルボというブランドに洋服を着せたらこうなるだろうと思わせる方だった。

本題のボルボV40クロスカントリーにふれる前に、1978年から35年にわたってボルボで働くホーカンさんに、ボルボについて前々から疑問に思っていたことを尋ねてみた。

――1990年代の前半まで、日本のクルマの教科書には「ボルボは手袋をはめたまま操作できるように、ドアノブやスイッチ類を大ぶりに作ってある」とありました。でも、いまのボルボはどのパーツもスタイリッシュで繊細なデザインになっています。もう、手袋をしたままでは操作できない。ボルボは変わったのでしょうか?

答えはYesであり、Noでもあります。人間を中心に考えることや安全性を重んじることは変わっていません。人を思いやるスウェーデンの風土が背景にあるので、変わりようがないともいえます。
一方で、スタイリングやドライビングダイナミクスは変わりました。ひとことで言えば、エキサイティングでアグレッシブな方向に変わっています。

――ホーカンさんは、ボルボが変わり始めたのはいつだと思われますか?
こう尋ねると、ホーカンさんは沈思黙考。ご自身の35年のキャリアを丁寧に振り返っているようにお見受けした。真摯(しんし)な方なのだ。

モデル名で言えば「850シリーズ」からでしょうか。年代で言えば、1990年代に入る頃だと記憶しています。

――変わったのはなぜでしょうか?
愚問だとはわかっていたけれど、聞かずにはいられない。

それは、グローバルな競争に勝つためです。

「V40」シリーズを始め、ボルボのCセグメント全車の主査を担当するホーカン・エイブラハムソンさん。
「V40」シリーズを始め、ボルボのCセグメント全車の主査を担当するホーカン・エイブラハムソンさん。
「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」
「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」
「850シリーズ」は1991年に発表された。(写真=VOLVO)
「850シリーズ」は1991年に発表された。(写真=VOLVO)
<プロフィール>1978年から35年間、研究開発、プロダクトデザイン、プロダクトプランニング、ビークルラインマネジメントなどの業務を担当。「C70クーペ/コンバーチブル」「S40/V50/C30/C70」のプログラムディレクターを務め、現在はボルボのCセグメント全車の主査を担当する。
<プロフィール>1978年から35年間、研究開発、プロダクトデザイン、プロダクトプランニング、ビークルラインマネジメントなどの業務を担当。「C70クーペ/コンバーチブル」「S40/V50/C30/C70」のプログラムディレクターを務め、現在はボルボのCセグメント全車の主査を担当する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボ車誕生90周年を記念した「V40」の限定車発売 2016.12.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年12月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「T3 Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を設定し、2017年1月3日に発売すると発表した。200台限定の販売となる。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る