ボルボV40 開発者インタビュー

スウェーデンのオリジンを打ち出した 2013.05.16 試乗記 ボルボ・カー・グループ
プロダクトストラテジー&ビークルマネジメント
ビークルライン ディレクター
ホーカン・エイブラハムソンさん

デビュー2カ月で約4000台が日本国内で販売された新型「ボルボV40」。大健闘ともいえる人気の秘密はどこにあるのか、開発者のホーカン・エイブラハムソン氏に話を聞いた。

背景には人を思いやるスウェーデンの風土が

ホーカン・エイブラハムソンさんは、「ボルボV40/V40クロスカントリー」を含むボルボのCセグメント全般の開発のまとめ役を務めている。Cセグメントとは、わかりやすく言えば「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」などが属するセグメント。ホーカンさんは、各国の主力商品がしのぎを削る激戦区で戦う男だ。
と、初対面にもかかわらずファーストネームでお呼びしてしまったけれど、そうしたくなるほど温かい人柄の方である。ふんわりやさしくて、知的で、ボルボというブランドに洋服を着せたらこうなるだろうと思わせる方だった。

本題のボルボV40クロスカントリーにふれる前に、1978年から35年にわたってボルボで働くホーカンさんに、ボルボについて前々から疑問に思っていたことを尋ねてみた。

――1990年代の前半まで、日本のクルマの教科書には「ボルボは手袋をはめたまま操作できるように、ドアノブやスイッチ類を大ぶりに作ってある」とありました。でも、いまのボルボはどのパーツもスタイリッシュで繊細なデザインになっています。もう、手袋をしたままでは操作できない。ボルボは変わったのでしょうか?

答えはYesであり、Noでもあります。人間を中心に考えることや安全性を重んじることは変わっていません。人を思いやるスウェーデンの風土が背景にあるので、変わりようがないともいえます。
一方で、スタイリングやドライビングダイナミクスは変わりました。ひとことで言えば、エキサイティングでアグレッシブな方向に変わっています。

――ホーカンさんは、ボルボが変わり始めたのはいつだと思われますか?
こう尋ねると、ホーカンさんは沈思黙考。ご自身の35年のキャリアを丁寧に振り返っているようにお見受けした。真摯(しんし)な方なのだ。

モデル名で言えば「850シリーズ」からでしょうか。年代で言えば、1990年代に入る頃だと記憶しています。

――変わったのはなぜでしょうか?
愚問だとはわかっていたけれど、聞かずにはいられない。

それは、グローバルな競争に勝つためです。

「V40」シリーズを始め、ボルボのCセグメント全車の主査を担当するホーカン・エイブラハムソンさん。
「V40」シリーズを始め、ボルボのCセグメント全車の主査を担当するホーカン・エイブラハムソンさん。
「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」
「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」
「850シリーズ」は1991年に発表された。(写真=VOLVO)
「850シリーズ」は1991年に発表された。(写真=VOLVO)
<プロフィール>1978年から35年間、研究開発、プロダクトデザイン、プロダクトプランニング、ビークルラインマネジメントなどの業務を担当。「C70クーペ/コンバーチブル」「S40/V50/C30/C70」のプログラムディレクターを務め、現在はボルボのCセグメント全車の主査を担当する。
<プロフィール>1978年から35年間、研究開発、プロダクトデザイン、プロダクトプランニング、ビークルラインマネジメントなどの業務を担当。「C70クーペ/コンバーチブル」「S40/V50/C30/C70」のプログラムディレクターを務め、現在はボルボのCセグメント全車の主査を担当する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る