アバルト695エディツィオーネ マセラティ(FF/5AT)

分かっちゃいるけどあらがえない 2013.05.19 試乗記 フェラーリの次はマセラティとコラボ。深いワインカラーで彩られた限定499台の特別な「アバルト695」は、ブランドビジネスの妙味に満ちている。

スポーツカーのようなものだから

年を取ったら、こんな車にさらりと乗っている大人になりたいと思っていた。世間の評価や家族の不満、燃費やラゲッジスペースなどをまったく気にかけることなく、自分の好き嫌いだけを基準に気に入ったものをヒョイと買って乗る。当然、それを可能にする経済力も含めて、である。
残念ながら、50を超えてもそういう大人にはほど遠いままだが、買える買えないを別にして言わせてもらえば、これは欲しい。そもそもわれわれオヤジ世代はベースモデルの「フィアット500」に好意的(実際に知り合いが何人も買った)であり、そのうえアバルトとマセラティというわれわれの年代の心を抉(えぐ)るブランドのダブルネーム、しかも“ポンテヴェッキオ・ボルドー”というなぜか伊仏語混合の暗いワインカラーのボディーカラーといい、サンドベージュのレザートリムといい、電動キャンバストップのカブリオレ仕様であることといい、実にツボの押し具合を心得ている。それに比べれば、ほぼ500万円の価格や、実際には大人2人しか乗れない室内スペースなど、その他もろもろはほとんど意味を持たない。要するに、スポーツカーと同じく、価格に対する“バリュー”などというもので判断する車ではないからだ。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」は、2年前の「695トリブート フェラーリ」に続くコラボレーション企画の第2弾。今回はアバルトとマセラティのダブルネームである。来年には創立100年を迎えるスポーツカーの名門とアバルトでは、歴史と格式がちょっと違うよという意見もあると思うが、どちらも今やフィアットグループの一員であるから親会社の要求をむげに断るわけにもいかないのだろうし、親戚づきあいも大事である。ちなみにこの車、世界限定499台で、うち日本には100台の割り当て。値段も覚えやすく、以前のフェラーリ版に比べるとかなりお手頃な499万円である。この3月に発売されて既に日本向け台数の半分ちょっとは売れてしまったらしい。

世界限定499台で、うち100台が日本向け。予約受付は2013年2月1日に、販売は3月1日にそれぞれ始まった。ボディー側面にコラボを示すバッジが付く。
世界限定499台で、うち100台が日本向け。予約受付は2013年2月1日に、販売は3月1日にそれぞれ始まった。ボディー側面にコラボを示すバッジが付く。
室内はブラックとベージュでコーディネートされる。9個のスピーカーを備えたJBLのオーディオシステム(400W)が装着される。
室内はブラックとベージュでコーディネートされる。9個のスピーカーを備えたJBLのオーディオシステム(400W)が装着される。
1.4リッター直4ターボエンジンはギャレット製1446ターボを備え、「トリブート フェラーリ」と同じ180psと25.5kgmを発生。
1.4リッター直4ターボエンジンはギャレット製1446ターボを備え、「トリブート フェラーリ」と同じ180psと25.5kgmを発生。
インパネ中央下部に限定生産車であることを示すシリアルプレートが付く。試乗車は「206/499」。
インパネ中央下部に限定生産車であることを示すシリアルプレートが付く。試乗車は「206/499」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695エディツィオーネ マセラティの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る