クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アバルト695エディツィオーネ マセラティ(FF/5AT)

分かっちゃいるけどあらがえない 2013.05.19 試乗記 フェラーリの次はマセラティとコラボ。深いワインカラーで彩られた限定499台の特別な「アバルト695」は、ブランドビジネスの妙味に満ちている。

スポーツカーのようなものだから

年を取ったら、こんな車にさらりと乗っている大人になりたいと思っていた。世間の評価や家族の不満、燃費やラゲッジスペースなどをまったく気にかけることなく、自分の好き嫌いだけを基準に気に入ったものをヒョイと買って乗る。当然、それを可能にする経済力も含めて、である。
残念ながら、50を超えてもそういう大人にはほど遠いままだが、買える買えないを別にして言わせてもらえば、これは欲しい。そもそもわれわれオヤジ世代はベースモデルの「フィアット500」に好意的(実際に知り合いが何人も買った)であり、そのうえアバルトとマセラティというわれわれの年代の心を抉(えぐ)るブランドのダブルネーム、しかも“ポンテヴェッキオ・ボルドー”というなぜか伊仏語混合の暗いワインカラーのボディーカラーといい、サンドベージュのレザートリムといい、電動キャンバストップのカブリオレ仕様であることといい、実にツボの押し具合を心得ている。それに比べれば、ほぼ500万円の価格や、実際には大人2人しか乗れない室内スペースなど、その他もろもろはほとんど意味を持たない。要するに、スポーツカーと同じく、価格に対する“バリュー”などというもので判断する車ではないからだ。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」は、2年前の「695トリブート フェラーリ」に続くコラボレーション企画の第2弾。今回はアバルトとマセラティのダブルネームである。来年には創立100年を迎えるスポーツカーの名門とアバルトでは、歴史と格式がちょっと違うよという意見もあると思うが、どちらも今やフィアットグループの一員であるから親会社の要求をむげに断るわけにもいかないのだろうし、親戚づきあいも大事である。ちなみにこの車、世界限定499台で、うち日本には100台の割り当て。値段も覚えやすく、以前のフェラーリ版に比べるとかなりお手頃な499万円である。この3月に発売されて既に日本向け台数の半分ちょっとは売れてしまったらしい。

世界限定499台で、うち100台が日本向け。予約受付は2013年2月1日に、販売は3月1日にそれぞれ始まった。ボディー側面にコラボを示すバッジが付く。
世界限定499台で、うち100台が日本向け。予約受付は2013年2月1日に、販売は3月1日にそれぞれ始まった。ボディー側面にコラボを示すバッジが付く。 拡大
室内はブラックとベージュでコーディネートされる。9個のスピーカーを備えたJBLのオーディオシステム(400W)が装着される。
室内はブラックとベージュでコーディネートされる。9個のスピーカーを備えたJBLのオーディオシステム(400W)が装着される。 拡大
1.4リッター直4ターボエンジンはギャレット製1446ターボを備え、「トリブート フェラーリ」と同じ180psと25.5kgmを発生。
1.4リッター直4ターボエンジンはギャレット製1446ターボを備え、「トリブート フェラーリ」と同じ180psと25.5kgmを発生。 拡大
インパネ中央下部に限定生産車であることを示すシリアルプレートが付く。試乗車は「206/499」。
インパネ中央下部に限定生産車であることを示すシリアルプレートが付く。試乗車は「206/499」。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

フェラーリ版より大人っぽい

スポーツカーと同じようなものといっても、ピークパワーうんぬんの話ではない。たまたま、現行アバルトの市販モデルでは最強の180psを絞り出す1.4リッター4気筒ターボを積んでいるけれど、別にもっと普通のエンジンでもかまわない。さすがにマセラティの名がつくからには、ツインエアののどかな排気音は似合わないかもしれないが、ノーマルアバルトの135psユニットで十分だろう。むしろその方が、やる気満々の雰囲気を持つフェラーリ版との違いが明確になったかもしれない。

17インチタイヤを標準装備する足まわりはさすがに硬い。レーシーなバケットシートを備えるフェラーリ版ほどスパルタンではないものの、ストロークが抑えられているから路面の不整もストレートに伝わってくる。ただしカブリオレボディーでありながら、ボディーは十分にしっかりとしており、路面からのショックが振動やハーシュネスとして残ることはない。サスペンションが締め上げられている分、ハンドリングがシャープなのは事実だが、これについても、もうちょっと肩の力を抜いてほしいというのが大人の本音だ。ステアリングレスポンスが正確で、ボディーコントロールが自然であれば、硬い柔らかいは重要ではない。スタンダードジャズを聴きに行って、テンポが遅いと文句を言う人はいないでしょう。大人にはその車固有のリズムを楽しむ余裕と分別があるのだ。まあ基本がアバルトだから、この程度のやんちゃさには目くじらを立てないでおこう。

ヘッドレスト一体型の専用レザーシートが装着される。スポーティーでありながら、エレガントな雰囲気をたたえる。
ヘッドレスト一体型の専用レザーシートが装着される。スポーティーでありながら、エレガントな雰囲気をたたえる。 拡大
リアシートもベージュのレザータイプに。50:50の分割可倒式。
リアシートもベージュのレザータイプに。50:50の分割可倒式。 拡大
ベースがコンバーチブルの「500C」であるために、ハッチゲートではなく小さなトランクリッドが付く。
ベースがコンバーチブルの「500C」であるために、ハッチゲートではなく小さなトランクリッドが付く。 拡大
「トリブート フェラーリ」が“メタルトップ”のクローズドボディーだったのに対し、こちらはソフトトップ仕様となる。ボディーカラーはマセラティの“ポンテヴェッキオ・ボルドー”(3層塗装)で、ソフトトップはグレー。
「トリブート フェラーリ」が“メタルトップ”のクローズドボディーだったのに対し、こちらはソフトトップ仕様となる。ボディーカラーはマセラティの“ポンテヴェッキオ・ボルドー”(3層塗装)で、ソフトトップはグレー。 拡大

恥ずかしくない玩具

この種のいわば企画モノは、どのようにして特別な限定モノと認めさせるかが勝負である。ターゲットとするカスタマーに、合理的に考えれば高価な500万円という値段を納得させる企画力と演出力、あるいは高いけれどもそれでもいいよ、マセラティなら応援するよ、と感じさせる共感の醸成力が試されている。さらに言えば、大人が気恥ずかしくない遊び心とはどのようなものか? についてどれだけ真剣に考えているか、にかかっているのだと思う。その点を例えば「トヨタ・オーリス」と比べてほしい。大人たるもの、本当は他人の仕事をとやかく言うべきではないが、たとえガンダム世代であったとしても、あれでは大人は恥ずかしいのではないだろうか。

いや、真剣なのは皆同じである。真剣であるがゆえにいろいろと考えすぎて、結局こういう車はこれまで日本で生まれたことがない。かつて「トヨタiQ」をレクサスブランドに組み入れるといううわさ話を聞いたことがあったが、そんな場合も、こんなに小さな車に高い値段はつけられないとか、他の商品とのバランスが崩れるとか、真面目に検討したあげく先々まで心配してしまうのが日本のメーカーである。その結果「小さな高級車」という、ずっと昔からの問題には具体的な解決策を提示できないままでいる。それに比べて、連中の限定モデルビジネスの手腕は見事である。商売上手は百も承知、そのうえで喜んでだまされてやろうと思う。まさしくそれがブランドビジネスというものなのである。

(文=高平高輝/写真=小林俊樹)

 

足まわりをコニのショックアブソーバーと、ブレンボの4ピストンブレーキキャリパー(前輪)、およびドリルドベンチレーテッドディスクで固める。
足まわりをコニのショックアブソーバーと、ブレンボの4ピストンブレーキキャリパー(前輪)、およびドリルドベンチレーテッドディスクで固める。 拡大
ホイールも専用品。デザインはマセラティのエンブレムであるトライデント(三叉の銛<さんさのもり>)をモチーフとしたもの。タイヤサイズは前後とも205/40R17。
ホイールも専用品。デザインはマセラティのエンブレムであるトライデント(三叉の銛<さんさのもり>)をモチーフとしたもの。タイヤサイズは前後とも205/40R17。 拡大
イタリア・トラモンターノ製のトラベルバッグセットも標準装備品のひとつ。
イタリア・トラモンターノ製のトラベルバッグセットも標準装備品のひとつ。 拡大
動力性能は0-100km/h加速が7秒で、最高速が225km/hと発表されている(欧州仕様の場合)。
動力性能は0-100km/h加速が7秒で、最高速が225km/hと発表されている(欧州仕様の場合)。 拡大

 

テスト車のデータ

アバルト695エディツィオーネ マセラティ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3655×1625×1505mm
ホイールベース:2300mm
車重:1160kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブターボ
トランスミッション:5段AT
最高出力:180ps(132kW)/5500rpm
最大トルク:25.5kgm(250Nm)/3000rpm
タイヤ:(前)205/40ZR17 84W/(後)205/40ZR17(ミシュラン・パイロット エグザルト)
燃費:--km/リッター(JC08モード)
価格:499万円/テスト車=499万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:2556km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:248.0km
使用燃料:18.7リッター
参考燃費:13.3km/リッター(満タン法)

関連キーワード:
695エディツィオーネ マセラティアバルト試乗記

あなたにおすすめの記事