フェラーリF12ベルリネッタ(FR/7AT)

夢のような美女 2013.05.22 試乗記 フェラーリの新たな旗艦「F12ベルリネッタ」に試乗。740psのパワーを発する“跳ね馬”は、どんな走りを見せるのか? ワインディングロードへと連れ出した。

ありえない気持ちよさ

低速での乗り心地は、そっと寄り添うがごとくだった。妙齢の女性の柔肌に包まれている。柔らかくて弾力があってぬくもりがある。あああ。思わず、悦楽の声がもれる。

路面は、石畳。ブランドショップが軒を連ねる東京駅近くの丸の内仲通り、ヨーロッパを思わせるストリートは正座したら痛いだろう。そんな凸凹道を「F12(エッフェ・ドーディチ)ベルリネッタ」は羽毛のごとき軽やかさで駆け抜ける。

フロント255/35、リア315/35という、尋常ならざる太さと薄さを表す数値のゴムが、ともに20インチという巨大な直径のホイールにかぶせてある。だから、堅くて巨大なホイールのピストン運動を、乗員は激しく感じるはずなのに、それがまるで付けてないみたい。タイヤとホイールが付いてなかったら走らないので、ありえないわけだけれど、ありえないほど気持ちイイ。

丸の内仲通りを出て、日比谷通りを右折すると、走行レーンになにやら黒いものが落ちていた。それはタオルのようだった。とはいえ、踏まないにこしたことはない。私はステアリングを切った。前輪が大地にかみついたごとくの鋭さをもって、ボディーの向きを変えた。なんたる切れ味! コワいぐらいに切れる。ステアリングはロック・トゥ・ロック2回転で、低速では超がつくほど軽い。

実際、この最新ベルリネッタは軽いのだ。マラネッロの旗艦を担うべく開発されたF12は、「599GTBフィオラノ」の後継ではあるけれど、なにもかもが新しい。骨格のスペースフレームは単なるアルミではなく、12種類の複合素材からなる。先代モデル「599」のホワイトボディーと比べ、50kgのダイエットに成功しているという。フェラーリの主張によれば、乾燥重量は1520kgにすぎない。車検証の数値は1770kgながら、これとて12気筒モデルとしては異例に軽いというべきだろう。


フェラーリF12ベルリネッタ(FR/7AT)【試乗記】の画像
乗車定員は2名。ヘッドレスト一体型のシートの後ろは、荷物固定用のストラップを備えるシェルフになっている。
乗車定員は2名。ヘッドレスト一体型のシートの後ろは、荷物固定用のストラップを備えるシェルフになっている。
レザーがふんだんに使われるインテリア。トランスミッションはAT限定で、シフトレバーも存在しない。センターコンソールには、リバース、オート、ローンチコントロールの各ボタンが置かれる。
レザーがふんだんに使われるインテリア。トランスミッションはAT限定で、シフトレバーも存在しない。センターコンソールには、リバース、オート、ローンチコントロールの各ボタンが置かれる。
T字型の特徴的なデザインが目を引くリアエンド。下部中央には、F1マシンを思わせる形状のリアフォグランプが備わる。
T字型の特徴的なデザインが目を引くリアエンド。下部中央には、F1マシンを思わせる形状のリアフォグランプが備わる。
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る