スズキ・スペーシアX(FF/CVT)

ハイトワゴンの新基準 2013.05.29 試乗記 スズキがハイトワゴンの分野で勝負をかけてきた。大きくて広いのに、軽量で燃費がいいのが売りの新型「スペーシア」。これがあると、クルマ生活はどう変わる?

登録車より魅力的

「スペーシア」はスズキのスペース系ハイトワゴン「パレット」の新型だ。モデルチェンジを機に名前からも広さを感じさせる車名をつけたという。

軽自動車は、「スズキ・アルト」や「ダイハツ・ミラ」のようなハッチバック、「スズキ・ワゴンR」や「ダイハツ・ムーヴ」のようなハイトワゴン、それに「ダイハツ・タント」や今回のスペーシアのようなスペース系ハイトワゴンの3種類に分けられる。ちなみに、ホンダはハッチバックとハイトワゴンの中間に位置する「N-ONE」、ハイトワゴンとスペース系ハイトワゴンの中間に位置する「N BOX」をラインナップし、スズキとダイハツだらけの軽自動車界に久々に割って入った。

スペーシアに関して、みんな大好きなお金の話から。今回試乗したのは、NA(自然吸気)エンジン搭載の「X」のFF版(132万3000円)。メーカーオプションがスマホ連動カーナビをはじめ16万8000円分、ディーラーオプションがETC車載器とフロアマットの3万8273円分付いて、計152万9273円。

最も燃費に有利な2WDのNAエンジン搭載車から、最も不利な4WDのターボエンジン搭載車まで、スペーシアは全モデルでエコカー減税(免税)が適用されるため、自動車取得税、自動車重量税はかからない。購入時に上乗せされるのは、軽自動車税(7200円)と自賠責保険(3万7780円)、リサイクル料金(1万150円)くらい。テスト車だと乗り出しでだいたい160万円の買い物だ。

160万円出せば、「トヨタ・ヴィッツ」「ホンダ・フィット」「日産マーチ」の新車が買え、軽自動車の価格としては安くない。けれど、現在の軽自動車が以前の軽自動車と完全に別物なのも事実。動力性能、安全性、経済性、そして利便性を総合して比較しても、同価格の登録車より魅力的なモデルも多い。スペーシアもその一台で、160万円で乗り出し可能な数ある新車の選択肢から、積極的に選びたいモデルの一台だなと感じた。

2013年3月15日に発売された「スペーシア」。4月の販売台数は8112台で、軽乗用車販売ランキングの8位につけた。月販目標は7000台。
新型0.66リッター直3エンジンはタイミングチェーンの摩擦抵抗低減などの改良が加えられて効率が高められた。
インパネ上面からドアへと続くベルトラインを低く抑えることにより、開放感が高い室内を演出している。
エクステリアデザインは女性や子供にも親しみやすいシンプルなものを目指したという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スペーシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る