プジョーが新型「308」を発表

2013.05.13 自動車ニュース
新型「プジョー308」
新型「プジョー308」

プジョーが新型「308」を発表

仏プジョーは2013年5月13日、フランクフルトモーターショー(2013年9月10日開幕)で発表を予定している、新型「308」の概要を発表した。

308はプジョーのラインナップの中核を担うCセグメントコンパクトカーで、今回の新型では全長4.25m、全高1.46mと、現行の308よりボディーサイズを一回り小型化。一方で470リッターの荷室を備えるなど、車内空間には十分な広さを確保しているという。

また、「EMP2」と呼ばれる新開発のプラットフォームの採用などにより、現行モデルから140kgの軽量化を実現。仕様によっては85g/km以下にCO2排出量を抑えることに成功している。

内外装も従来とは一線を画すもので、ヘッドランプにはCセグメントモデルとして初め て、全仕様にフルLEDヘッドランプを標準装備。「Peugeot i-cockpit」と呼ばれるインパネ周りには、小径のステアリングホイールと、ステアリングの上から見るタイプのメーターナセルなど、「208」シ リーズに通じるデザインやレイアウトを採用している。また、オーディオやエアコンなどの操作用に9.7インチのタッチスクリーンを装備。ダッシュボードに 配置するボタン類の数を必要最小限に抑えている。

(webCG)

新型「プジョー308」のより詳細な写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る