メルセデスが新型「Eクラス」を発表

2013.05.14 自動車ニュース
メルセデス・ベンツE63 AMG S 4MATIC
E63 AMG S 4MATICのインテリア
E250ステーションワゴン アバンギャルド
2リッター直4ターボエンジンは211psと35.7kgmを発生する。

メルセデスが新型「Eクラス」を発表

メルセデス・ベンツ日本は2013年5月14日、「Eクラス」のセダンとステーションワゴンをモデルチェンジし、発売した。マイナーチェンジながら、新しい内外装デザイン、高効率のパワートレイン、安全装備など、変更点は約2000カ以上に及ぶ。



■6モデルを追加して全21モデルへ

全モデルでフルLEDを採用したヘッドランプユニットを採用するとともに、「Cクラス」同様、ボンネット先端のスリーポインテッドスターを廃止する代わりにフロントグリル中央に大きく配置するデザインとなった(「E250」を除く)。サイド、リア、インテリアデザインは小変更にとどまる。

セダン、ワゴンともにモデル数が増え、新しい2リッター直4ターボエンジンを積む「E250」、チューニングの異なる2種類の3.5リッターV6エンジンを積む「E300」と「E350」、4.7リッターV8エンジンを積む「E550」、それに3リッターV6ターボディーゼルエンジンを積む「E350ブルーテック」をラインナップする。E300では4WDの4MATICモデルを選ぶこともできる。
また、セダンに限って、E350のエンジンに電気モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせた「E400ハイブリッド」を設定した。

■環境性能と動力性能が向上

E250は、従来の1.8リッターに代えて2リッターのターボを採用。最適な燃焼制御を行う成層燃焼リーンバーンとターボチャージャー、EGR(排ガス再循環装置)などを組み合わせ、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmと従来比7ps、4.1kgmのパワーアップを誇るとともに、燃費を約23%向上させた(JC08モード15.5km/リッター)。
ディーゼルのE350ブルーテックは従来比41ps、8.1kgmパワーアップを果たしたほか、Eクラスのなかで唯一、未装備だったアイドリングストップ機能が付いた。

E400ハイブリッド アバンギャルド
E350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド
全モデルでフルLEDを採用したヘッドランプユニットを採用する。
E63 AMG S 4MATICのリアビュー。

Eクラスとして初のハイブリッドモデルとなるE400ハイブリッドは、出力27ps、トルク25.5kgmのモーターが3.5リッターV6エンジンをアシスト。純ガソリンモデルのE350以上のパワーを誇りながら、JC08モード燃費15.2km/リッターを実現した。最高35km/hまでモーターのみによる走行も可能となっている。

「E63 AMG」にも手が加えられ、新たに「4MATIC」と「S」モデルが追加された。
E63 AMGにおける4MATICは、前後トルク配分を33:67に固定した4WDシステム。悪路走破性ではなく良路でのトラクション性能を高める目的のため、ロッキングトルクは低めに設定され、高速走行時のコーナリングやコーナー立ち上がりでの操縦性と加速性能を高めた。また、アンダーステアを検知すると内輪のみにブレーキをかけて最適な姿勢を維持する「トルクベクトリングブレーキ」機能が付く。

Sモデルは、E63 AMGに搭載される5.5リッターV8ツインターボエンジン(最高出力557ps、最大トルク73.4kgm)のチューニングをさらに高め、28ps、8.1kgmプラスの585ps、81.5kgmに引き上げたスペシャルモデル。セダンのみに設定される。

さらに、4MATICとSモデルを組み合わせた「E63 AMG S 4MATIC」をトップパフォーマンスモデルとして設定。4MATICのトラクション性能とSのパワーを得て、0-100km/h加速3.6秒と史上最速のEクラスとして君臨する。こちらはセダン、ワゴンともに設定される。

■安全装備を強化

メルセデス・ベンツが拡充を進める安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」は、従来の短距離/中長距離ミリ波レーダーに、ステレオカメラと後方用ミリ波レーダーが追加された。

渋滞時を含む全車速追従の車間維持機能「ディストロニック・プラス」に、カメラを使った車線維持機能が加わった。カメラが白線などを認識している間は、ステアリングホイールから手を離しても10秒間、車線を維持する(10秒を過ぎると警告音がなり、警告から5秒後にキャンセルとなる)。

また「ブレーキ・アシスト・プラス」に飛び出し検知機能が付き、前方を横切るクルマや歩行者の飛び出しにも対応。クルマや歩行者に接近すると音とディスプレイで警告するほか、段階的に自動ブレーキを作動させる。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(左)とマーク・ボデルケ副社長(右)。

このほか、停止中に後方から車両の接近を検知すると、自車のリアコンビランプを点滅させるとともにブレーキ圧を高め、最終的には自動的にブレーキがかかって車両をロックすることで、二次被害を軽減する機能も付いた。

価格は基本的に従来モデルから据え置き。ベーシックモデルのE250の595万円という戦略プライスはそのまま残された。このほか、「E300アバンギャルド」が720万円、「E350ブルーテック アバンギャルド」が798万円、「E350アバンギャルド」が872万円、「E550アバンギャルド」が1120万円、E63 AMGが1495万円、E63 AMG 4MATICが1520万円、E63 AMG Sが1750万円、E63 AMG S 4MATICが1780万円となる。ワゴンはそれぞれ35万~37万円高。

(文=塩見智/写真=塩見智、webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
ホームへ戻る