アイボリー内装の「スバル・インプレッサ」発売

2013.05.14 自動車ニュース
「インプレッサG4 アイボリーセレクション」
「インプレッサG4 アイボリーセレクション」 拡大

アイボリー内装の「スバル・インプレッサ」発売

富士重工業は2013年5月14日、「スバル・インプレッサスポーツ/インプレッサG4」の特別仕様車「アイボリーセレクション」を発表した。同年5月31日に発売する。

特別装備の目玉となる、アイボリー(象牙色)のインテリア。
特別装備の目玉となる、アイボリー(象牙色)のインテリア。 拡大
「インプレッサスポーツ アイボリーセレクション」
「インプレッサスポーツ アイボリーセレクション」 拡大

今回、「インプレッサスポーツ」(5ドアハッチバックモデル)と「インプレッサG4」(4ドアセダン)に設定される「アイボリーセレクション」は、アイボリーのインテリアをはじめとする装備により、上質感を高めたとされる特別仕様車。

ともに、ベースとなるのは1.6リッターモデル「1.6i-L」のFF車と4WD車、2リッターモデル「2.0i」のFF車、「2.0i EyeSight」の4WD車で、以下の特別装備が与えられる。

・アイボリーシート/アイボリーインテリア
・スーパーUVカットガラス(フロントドア)
・ブラックハイラスター塗装の16インチアルミホイール(2リッターモデルのみ)
・クロムメッキドアハンドル
・本革巻きステアリングホイール(2リッターモデルは標準装備)
・本革巻きセレクトレバー+メタル調加飾パネル(2リッターモデルは標準装備)
・UVカット機能付き濃色ガラス(1.6リッターモデルは標準装備)
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー/ヒーテッドドアミラー/はっ水加工フロントドアガラス)
・HIDロービームランプ&ヘッドランプウォッシャー

価格は以下のとおり。各グレードの価格は「インプレッサスポーツ」「インプレッサG4」共通となっている。

・「1.6i-L アイボリーセレクション」(FF/CVT):182万1750円
・「1.6i-L アイボリーセレクション」(4WD/CVT):203万1750円
・「2.0i アイボリーセレクション」(FF/CVT):197万9250円
・「2.0i EyeSight アイボリーセレクション」(4WD/CVT):231万5250円

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4インプレッサスポーツスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化 2018.5.2 自動車ニュース スバルが「WRX S4/STI」に一部改良を実施。WRX S4に搭載されるアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良し、衝突回避支援機能を強化した。一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る