第4回:華麗なる賭け? 肝っ玉マツダ山内社長の
スカイアクティブ“2%戦略”の覚悟を直撃する!

2013.05.17 エッセイ

“ケツ持ち”してくれる今どき珍しいトップ

不肖小沢、ずーっと気になっておりました。それは今や絶好調! のマツダ・スカイアクティブ戦略の後押し、いや“ケツ持ち”をしてくれた偉大なるトップについてだ。
というのも先日新型「アテンザ」が出た時に、チーフエンジニアの梶山浩さんは言ってたんですな。いわく「トップが好き勝手にやれと後押ししてくれた」「開発資金を集めてくれた」。さらに時折出てくるユニークな「2%の戦略」について。
これは今の「数の論理」に逆行するコンセプトで、現在の年間世界市場を約8000万台とすると2%は160~200万台。翻ってマツダは現在約120万台で「われわれはそこを狙えばいい」と。いたずらに300万台、400万台と追わずに、思い切って個性&クオリティー重視でいけと。この時代、なかなかそんなの言えないわけですよ。利益率絶大なフェラーリ、ポルシェじゃあるまいし。
しかし、マツダは現実にマツダらしさや日本らしさ重視にかじを切り、スカイアクティブをモノにした。そのサムライなコンセプトをなぜに推進する気になれたかをお聞きしたかったわけです。したら先日の上海ショーで偶然、梶山さんと山内社長に遭遇。20分間だけど直撃できたってわけ! 

小沢いきなり申し訳ないですが、以前、梶山さんに聞いて驚いたんです。この時代、なぜスカイアクティブにこれほど注力できたのかと。なぜに多額の投資ができたのかと。

山内ラクじゃなかったですね。今から3~4年前の2009年、リーマンショックの影響で、あれほど状況がひどく、誰もお金を出す人がいない中、「こんな時期だからこそわれわれにはスカイアクティブ技術がある」「われわれはこれで勝負するから、マツダブランドを立てるから、賛同できたら株を買ってちょうだい」とビデオテープ作って、じかに証券マンの間を回りましたから。

小沢
社長自ら営業マンになって資金集めをしたと。でも、なぜそんなことに踏み切れたんですか。そもそも圧縮比14:1のガソリンエンジンってウソみたいな話じゃないですか?

山内
それはもうわれわれは一心同体だから。昨日だってこの梶山と直接上海の居酒屋で飲んでたくらい(笑)。

梶山
確かにそうかもしれない。だって僕と山内さんの間には何人っていませんもん。20人ぐらいおられる会社もありますけど。

上海ショーの会場で遭遇した、マツダの山内孝代表取締役会長 社長兼CEO(右)と、「アテンザ」の開発などを担当した商品本部の梶山浩主査(左)。山内さんは2013年6月25日付で社長を辞し、会長職に専念することになる。
上海ショーでのマツダブースの様子。
発売以来、快調な販売を続けている「マツダ・アテンザ」。上海で見ても、やっぱりハンサム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』