フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)

二重の進化 2013.05.26 試乗記 基本骨格に「MQB」を採用した新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は、実用車作りを一から覆す存在。ならば、それをベースに作られる7代目「ゴルフGTI」は、ホットハッチを再定義するモデルといえるかもしれない。「土台」と「上屋」はどう進化した? ドイツ・ミュンヘンからの第一報。

「ゴルフ」あっての「GTI」

フルモデルチェンジされて7代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に早くも「GTI」が追加された。
ゴルフGTIは広範なバリエーションモデルが存在するゴルフシリーズの頂点に立つスポーツモデルであり、もはやそれ自体でひとつのアイコンと化しているほどだ。

1976年に登場した初代GTIは画期的だった。一般的なコンパクトカーと純然たるスポーツカーとの間に、まだ深く大きな隔たりがあった時代に、ゴルフに手を加えることでスポーティーなゴルフを新たに生み出してしまったわけだから。

「ミニ・クーパー」のように、そうした高性能版はGTI以前にもなかったわけではないが、GTIがGTIであるゆえんは本体のゴルフの基本性能や快適性などを何ら損なうことなく高性能とスポーツ性を実現しているところにあった。当たり前のように聞こえるかもしれないが、ゴルフあってのゴルフGTIなのである。

そのための方法としてフォルクスワーゲンが採ったのは、ゴルフよりもひと足先に先進的なデバイスをGTIに装備したことだった。
初代が登場した当時まだ希少で高級車や高性能車にしか用いられることのなかったインジェクションの頭文字を車名に加えたことに、それは表れている。

その後37年間、ゴルフが進化するのに歩調を合わせながら、ゴルフGTIも進化してきた。その7代目と対面したのはミュンヘン空港。すでにヨーロッパの路上をたくさん走っている7代目ゴルフのシルエットを持ちながら、近づいていくとGTIならではのディテールが目に入ってくる。

初代「ゴルフGTI」の登場は1976年。以来、今日までに約190万台のゴルフGTIが世界中で販売された。
全長は先代型より55mm長い4268mmへ。Aピラーが後方に伸びたために、キャビン全体が後方に移ったように見える。
ルーフの後端にGTI専用の大型なリアスポイラーが付く。テールパイプは先代型同様、左右2本出し。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る