新型「ホンダNSX」に新展開 生産工場設立へ

2013.05.15 自動車ニュース

新型「ホンダNSX」に新展開 生産工場設立へ

本田技研工業の米国における生産子会社ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッドは、2013年5月14日(現地時間)、新型「NSX」の生産工場を設立すると発表した。

新工場設立発表会でのひとこま。「アキュラNSXコンセプト」の傍らに立つのは、岩田秀信 ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッド社長(写真左)と、ジョン・ケイシック オハイオ州知事。
新工場設立発表会でのひとこま。「アキュラNSXコンセプト」の傍らに立つのは、岩田秀信 ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッド社長(写真左)と、ジョン・ケイシック オハイオ州知事。
こちらは日本市場用「ホンダNSX」のコンセプトモデル。写真は2012年2月に展示されたもの(下写真も)。
こちらは日本市場用「ホンダNSX」のコンセプトモデル。写真は2012年2月に展示されたもの(下写真も)。

新型「ホンダNSX」に新展開 生産工場設立への画像

ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッドは、約7000万USドル(1ドル100円換算で約70億円)を投資して、アメリカのオハイオ州に新型NSXを生産するための新工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」を設立する。

新型NSXは、「職人の技と新たなアプローチを取り入れる生産技術を調和させた」という同工場でのみ生産される予定。新工場には、オハイオ州の他工場から選抜された約100名の従業員が配備される。同車を高度なクラフトマンシップで生産するためのトレーニングも行われる。

次世代の直噴V6エンジンとハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」がポイントとされる、新型NSX。その量産は2015年に始まり、北米を皮切りに世界の市場にデリバリーされる見通しだ。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【レビュー】 2016.10.8 試乗記 11年ぶりに復活したホンダのスーパースポーツ「NSX」。独自のハイブリッドシステムを搭載した同車の実力はどれほどのものなのか? ドイツ勢のライバルである「アウディR8」や「ポルシェ911ターボS」との比較を交え、それを検証した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(前編) 2016.11.17 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「ホンダNSX」に試乗する。3モーターハイブリッドシステムを搭載する2代目を、谷口はどう評価する?
  • BMWが新型「5シリーズ ツーリング」を発売 2017.6.22 自動車ニュース BMWが新型「BMW 5シリーズ ツーリング」を発売した。荷室容量は5人乗車時で570リッター、後席をたたんだ状態で1700リッター。優れた空力性能も特徴で、ディーゼルモデルの「523d」では19.4km/リッターという燃費を実現している。
ホームへ戻る