「プジョー208」に2つの新グレードが登場

2013.05.15 自動車ニュース
「プジョー208GTi」
「プジョー208GTi」

「プジョー208」にスポーティーな「GTi」とおしゃれな「XY」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年5月15日、「プジョー208」に新グレード「GTi」と「XY」を設定し、同年7月1日に発売すると発表した。

「208GTi」のインテリア
「208GTi」のインテリア
「208XY」
「208XY」
「208XY」のインテリア
「208XY」のインテリア

今回追加された208GTiは、最高出力200ps(147kW)/6000rpm、最大トルク28.0kgm(275Nm)/1700rpmを発生する、1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載したスポーツグレードである。トランスミッションは「GT」などと同じ6段MTだが、動力性能を重視して2~6速をローギア化。エクステリアは専用デザインのグリルや17インチアロイホイールの「Carbone」、エキゾーストフィニッシャー、赤く塗装されたブレーキキャリパーなどで、他のグレードと差別化を図っている。
インテリアも赤いアクセントカラーで専用にコーディネートされており、シートにはブラック・ナッパレザー/ファブリックのGTi専用コンビシートが装備される。

一方208XYは、156psのターボエンジンを搭載したGTをベースに、内外装を専用にコーディネートしたラグジュアリースポーツグレードである。ボディーカラーはいずれも新色で、XY専用色の「ダーク・ブルー」と「パープル・ナイト」の2色を用意。フロントグリルや17インチアロイホイールの「Mercure」、エキゾーストパイプを隠すリアバンパーの処理など、随所にXY専用のデザインが取り入れられている。
装備も充実しており、208シリーズで唯一パノラミックガラスルーフを標準装備。シート表皮にはブラック・テップレザーとアルカンターラ、ファブリックが組み合わされている。

トランスミッションはいずれも6段MTで、ハンドル位置は右、ボディータイプは3ドアのみ。価格は208GTiが299万円、208XYが269万円。

(webCG)

→「プジョー208GTi」と「208XY」のより詳細な写真はこちら

→「プジョー208GTi」の試乗記はこちら
 

関連キーワード:
208プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る