「プジョー208」に2つの新グレードが登場

2013.05.15 自動車ニュース
「プジョー208GTi」
「プジョー208GTi」

「プジョー208」にスポーティーな「GTi」とおしゃれな「XY」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年5月15日、「プジョー208」に新グレード「GTi」と「XY」を設定し、同年7月1日に発売すると発表した。

「208GTi」のインテリア
「208GTi」のインテリア
「208XY」
「208XY」
「208XY」のインテリア
「208XY」のインテリア

今回追加された208GTiは、最高出力200ps(147kW)/6000rpm、最大トルク28.0kgm(275Nm)/1700rpmを発生する、1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載したスポーツグレードである。トランスミッションは「GT」などと同じ6段MTだが、動力性能を重視して2~6速をローギア化。エクステリアは専用デザインのグリルや17インチアロイホイールの「Carbone」、エキゾーストフィニッシャー、赤く塗装されたブレーキキャリパーなどで、他のグレードと差別化を図っている。
インテリアも赤いアクセントカラーで専用にコーディネートされており、シートにはブラック・ナッパレザー/ファブリックのGTi専用コンビシートが装備される。

一方208XYは、156psのターボエンジンを搭載したGTをベースに、内外装を専用にコーディネートしたラグジュアリースポーツグレードである。ボディーカラーはいずれも新色で、XY専用色の「ダーク・ブルー」と「パープル・ナイト」の2色を用意。フロントグリルや17インチアロイホイールの「Mercure」、エキゾーストパイプを隠すリアバンパーの処理など、随所にXY専用のデザインが取り入れられている。
装備も充実しており、208シリーズで唯一パノラミックガラスルーフを標準装備。シート表皮にはブラック・テップレザーとアルカンターラ、ファブリックが組み合わされている。

トランスミッションはいずれも6段MTで、ハンドル位置は右、ボディータイプは3ドアのみ。価格は208GTiが299万円、208XYが269万円。

(webCG)

→「プジョー208GTi」と「208XY」のより詳細な写真はこちら

→「プジョー208GTi」の試乗記はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る