トヨタ86の「峠カルチャー活動」がスタート

2013.05.15 自動車ニュース

トヨタ86の「2013年度 峠カルチャー活動」がスタート

「トヨタ86(ハチロク)」の発売を機に「スポーツカーカルチャー活動」を推進しているトヨタマーケティングジャパンは2013年5月14日、同活動のこれからの取り組みについて発表した。

2012年に選定された86の峠すべてを制覇した「峠マイスター」のおふたり、IMUさん(写真右)とSUさん(写真左)。IMUさんは、北は北海道から南は沖縄までの全ノミネート峠をわずか3カ月半で、SUさんは、なんと2カ月で制覇したとのこと。
2012年に選定された86の峠すべてを制覇した「峠マイスター」のおふたり、IMUさん(写真右)とSUさん(写真左)。IMUさんは、北は北海道から南は沖縄までの全ノミネート峠をわずか3カ月半で、SUさんは、なんと2カ月で制覇したとのこと。
スポーツカーファンが選んだ86の峠を巡る「リッジクエスト」。電波の届かない峠でもGPSが作動していればチェックインできる。
スポーツカーファンが選んだ86の峠を巡る「リッジクエスト」。電波の届かない峠でもGPSが作動していればチェックインできる。
コミュニティーサイト「86 SOCIETY」もリニューアルされた。
コミュニティーサイト「86 SOCIETY」もリニューアルされた。

2012年4月の発売から1年がたち、販売台数が2万6000台を数えるトヨタ86。トヨタマーケティングジャパンは、その86のユーザーを中心とするスポーツカーファンのためのコミュニティーサイト「86 SOCIETY」の運営を主軸に、スポーツカーカルチャーを育てる活動を行ってきた。その86 SOCIETYには、3600人以上(5月15日現在)がユーザー登録し、オンライン参加しているユーザーが自主運営するオフ会なども頻繁に行われているという。

2013年度については、「峠を大人の健全な遊び場として再発見する」がテーマの「峠カルチャー活動」を活動の中心に据え、スポーツカーカルチャーの育成を継続していくとのことで、ファン参加型の各種プログラムのリニューアルを発表した。

概要は以下のとおり。

・「峠ガイド」の拡充と「86 峠セレクション」のリニューアル
「さらにファンが参加でき、ファンがカルチャーを育てる実感を強化」をコンセプトにシステムをリニューアル。人気投票の対象となるノミネート峠を昨年の120カ所から151カ所に増加。追加の31カ所は、ファンからの要望があった峠を中心に選ばれた。これらの峠の中からWEB投票を経て、2013年度版86 峠セレクションランキングを決定する。

・「リッジクエスト」のリニューアル
実際に訪れた峠でチェックインすると、自分の来訪ログが記録・シェアできる峠スタンプラリーアプリ「リッジクエスト」では、ランキング上位の峠だけでなく、151カ所のノミネート峠すべてでチェックインできるようになった。

・「86 SOCIETY」のリニューアル
スポーツカーファンのためのコミュニティーサイト「86 SOCIETY」は峠を前面に打ち出した、写真を中心としたデザインへと一新。使い勝手のいいユーザーインターフェイスへと変更された。5月末には、携帯アプリも公開されるとのこと。

(webCG)
 

関連キーワード:
86トヨタイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • 「トヨタ86」に黒のアクセントが特徴の新グレード 2017.9.4 自動車ニュース 「トヨタ86」が一部改良。ステアリング機構の取り付け剛性を見直し、足まわりのチューニングを見直すことでハンドリングのダイレクト感を改善した。また新グレードとして、ボディーの各所を黒で塗装した「GT“リミテッド・ブラックパッケージ”」が登場した。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
ホームへ戻る