「ホンダ・インサイト」仕様変更で利便性アップ

2013.05.16 自動車ニュース
「ホンダ・インサイトG」
「ホンダ・インサイトG」

「ホンダ・インサイト」仕様変更で利便性アップ

本田技研工業は、ハイブリッド車「インサイト」「インサイト エクスクルーシブ」の仕様・装備を変更し、2013年5月16日に発売した。

 

「インサイト エクスクルーシブ」のインテリア。
「インサイト エクスクルーシブ」のインテリア。
スモークメッキのグリルが採用された、「インサイト エクスクルーシブ」のフロント部。
スモークメッキのグリルが採用された、「インサイト エクスクルーシブ」のフロント部。

今回、ベースエンジンが1.3リッターのハイブリッド車「インサイト」と、1.5リッターの「インサイト エクスクルーシブ」について、仕様・装備が改められた。
各モデルの具体的な変更点は、以下のとおり。

■インサイト

・ウォッシャー付き間欠リアワイパー(リバース連動)を全グレードに標準装備
・Hondaスマートキーシステムを「L」グレードに1個追加(計2個)
・USBジャックをメーカーオプションのHondaインターナビに装備(「G」グレードを除く)

価格は「G」が193万円で、「L」が213万円。

■インサイト エクスクルーシブ

・フロントグリル(LEDアクセサリーランプ内蔵)、サイドシルガーニッシュ、リアライセンスガーニッシュのスモークメッキ化
・インテリアの色調を高輝度ダークシルバー塗装などで統一
・ウォッシャー付き間欠リアワイパー(リバース連動)を全グレードに標準装備
・Hondaスマートキーシステムを「XL」「XL・インターナビセレクト」に1個追加(計2個)
・USBジャックをHondaインターナビに装備

価格は、「XG」の208万円から「XL・インターナビセレクト」の255万円まで。

同時に、ディーラーオプションのHonda純正ナビを手軽に装着できる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」が4万4940円で発売された(インサイト エクスクルーシブXL・インターナビセレクトを除く)。パッケージの内容は、以下のとおり。

・リアカメラ
・照明付きオーディオリモートコントロールスイッチ
・ETC車載器
・デジタルTV用プリントアンテナ(12セグ/ワンセグTV対応)
・専用ワイヤーハーネス
・4スピーカー(標準装備のスピーカーを含む)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インサイトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • ホンダ、アコードの改良情報を先行公開 2016.4.21 自動車ニュース 本田技研工業は2016年4月21日、「アコード」のマイナーチェンジモデルの情報の一部を公開した。発売は5月下旬を予定。「SPORT HYBRID i-MMD」を改良するほか、「Honda SENSING」を標準装備とする。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.7.11 試乗記 ホンダがHV市場での捲土(けんど)重来を期して送り込んだ「アコード ハイブリッド」。自慢のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の走りの特徴とは。
  • 「日産デイズ」にインテリアが特徴の特別仕様車登場
    NEW
    2017.4.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年4月25日、軽乗用車「デイズ」に特別仕様車「Xモカセレクション」と「ハイウェイスターXプレミアムセレクション」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る