「アバルト フェラーリ」第2弾は日本限定50台

2012.03.20 自動車ニュース

「アバルト695トリブート フェラーリ」の第2弾は日本限定50台

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「アバルト695トリブート フェラーリ」の日本限定モデル「アバルト695トリブート フェラーリ “トリブート アル ジャポーネ”(Tributo al Giappone)」の予約受付を2012年3月24日に開始する。日本市場だけの50台限定モデルで、価格は609万5000円。

「アバルト695トリブート フェラーリ」は、「アバルト500」をベースに大幅なチューニングが施されたスペシャルモデル。1.4リッター直4ターボエンジンは180psまでチューンされており、外装にはカーボンファイバーが多用され、シートも標準タイプより10kg軽い「アバルト・コルサ by サベルト」が装着されるなど、シリーズで“最強”の内容となっている。第1弾モデルは2010年11月に受注が開始され、「国内への割り当て台数150 台を大幅に超える非常に大きな反響を得た」(フィアット・ジャパン)という。

今回、予約受付が始まる「トリブート アル ジャポーネ」はその第2弾。ボディー色が前回用意されなかった「ビアンコ・フジ」(パールホワイト)とされる。

第1弾モデルが世界限定1696台(日本割り当て150台)だったのに対し、今回は「日本にささげる」という意味の車名どおり、日本市場だけの50台限定。価格は前回の40万円高となる609万5000円とされる。売り上げの一部は、東日本大震災で被災した宮城県石巻市へ、復興支援の寄付に当てられるという。

前回モデルと同様に、パワーの増強に合わせてサスペンションとブレーキも強化されており、フロントにはブレンボ製の4ピストンキャリパー(レッド仕上げ)とドリルドベンチレーテッドディスク、専用ダンパーが装着される。また、「レコード・モンツァ」と呼ばれる排気システムが装着されており、「刺激的なサウンド」を放つという。トランスミッションも前回と同じパドル式スイッチ付きの5段シーケンシャルトランスミッション「アバルト・コンペティツィオーネ」で、車両重量は1120kg。左ハンドル仕様となる。

(webCG 竹下)

「アバルト695トリブート フェラーリ “トリブート アル ジャポーネ”」
「アバルト695トリブート フェラーリ “トリブート アル ジャポーネ”」 拡大

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る